「ノンフライヤー」で「ジャークチキン」料理。

広告



「ジャマイカ料理」の「ジャークチキン」。

肉よりもポテトと合わせると「食べ慣れた味」。

「ジャークチキンという料理」は「食べたことがなかった」けれど。

「市販のスパイス」を使えば。

肉を漬け込むだけの「簡単料理」。

スモーキーな香り、辛さと酸味。

複雑でスパイシーなチキンの料理が完成します。

不思議な味で。

ペロリと食べ終えてクセになる。

味の「再確認」と「中毒性」で。

2日連続夕食は同じ「ジャークチキン」。

ノンフライヤーでの調理。

「水」で溶いた「ジャークチキンの粉末」に。

水分を拭き取った「鳥のモモ肉」を漬け込む。

レシピ、分量はメーカーのパッケージに書いてある割合。

「鳥もも肉の焼き方」として。

「同じ形」で「均一に加熱」。

平らに広げないで「丸めて加熱」。

鳥肉自体の「鳥の皮」で包んで「外側はパリッと」。

そして「中はしっとり」とさせるイメージで調理しました。

昔食べた「ジャンキーなポテトのお菓子」の味。

タレ、調味料のあとに加熱すると焦げるので。

まずはシンプルな食材から料理。

市販の「冷凍フライドポテト」調理後。

そのまま洗わずに「ジャークチキン」料理。

エアフライヤーで調理して落ちた「鳥の油やエキス」。

「残ったジャークチキンのタレ」。

「ポテト、ジャガイモ」と合わせると。

昔食べた「ジャンキーなポテトチップス」のような味。

なんだかかなり「馴染みがある味」。

「ジャマイカ料理のジャークチキン」としては。

料理名、調味料としては「知らない人がほとんど」だろうけど。

日本人の感覚、味覚には「美味しさ」としては。

みんなが好きな、すでに「すり込まれた味」。

簡単なのでぜひおすすめです。

created by Rinker
GABAN(ギャバン)
¥634 (2024/02/23 02:50:08時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。