「Python」を使って「株価」の「データ分析」や「可視化」。

広告



「Pythonでできる! 株価データ分析」。

created by Rinker
森北出版
¥2,970 (2024/06/21 07:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

いろいろな側面から勉強。視点を変えるとスッキリすることがある。

Pythonプログラミングの学習には「オンライン」。

「本も数十冊」読んでいる。

「コードが簡素化する」ということはわかっているけど。

なんだか意味がわからずにスッキリしない。

Pythonの「リスト内包表記」。

よくわからなかった「モヤモヤしていたイメージ」が。

この本「Pythonでできる! 株価データ分析」で。

クリアになった。

株については。

ほとんど知識がないけど。

「データ分析の応用篇」として面白そうだったので入手した本。

Pythonでできる! 株価データ分析」。

いろいろな側面からアプローチ。

視点を変えるとスッキリすることがある。

発売は「2023年1月21日」。

「256ページ」で内容も濃い。

最近の軽い本。

同じくらいの「22*15.5*1.5センチ」のサイズの本と比較すると。

「紙質」なのか?

「ほどよい質感と重量感」で好きな感じ。

created by Rinker
森北出版
¥2,970 (2024/06/21 07:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。