学習中の「Python」を「実用化」するための参考本。

広告



「働き方の統計学: データ分析で考える仕事と職場の問題」。

created by Rinker
オーム社
¥1,980 (2024/02/22 12:20:40時点 Amazon調べ-詳細)

文字だけではない初心者向け統計学。対話方式でも描かれている「統計学の本」。

プログラミングの「Pythonを学習する前」は。

本屋さんへ行っても。

目に入らない、立ち寄らなかった「数学のコーナー」。

文系の自分には「難しそうな棚」。

書籍だったのに。

今では。

「パイソンの本が置いてあるコーナー」だけでなく。

「数学のコーナー」にも足を止める。

そして「Pythonのプログラミング」を使えば「農業」。

「自然栽培でさえ」も機械学習。

「教師なし学習」で「効率化ができるのでは?」とさえ思う。

「農業経営のデーター」が欲しくて。

本屋さんへ行くと。

そもそも「白書」。

「売っていない」のかもしれない。

「詳細なデータ」がない。

多種多様な「農業」。

「目的の代わりに」というか。

「Pythonを実務化」に向けての参考になりそうなので。

購入したのは。

働き方の統計学: データ分析で考える仕事と職場の問題」。

created by Rinker
オーム社
¥1,980 (2024/02/22 12:20:40時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。