「LINEをビジネスに活用する」ための「LINE公式本」。

広告



「はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド」。

ラインのビジネス活用。

公式ガイド。

created by Rinker
¥387 (2024/07/25 07:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

「店舗、お店」で「集客に活用するべき」アイテムは「LINE」。

集客の目的、情報を拡散するアイテムとして。

「ツイッター」や「インスタグラム」は「大多数の人向け」。

「不特定な広範囲的なチラシ」としては「有効な手段」かもしれない。

でもこれら「ツイッター」や「インスタグラム」は「一方的」。

「情報の発信ツール」という認識。

人が少ない中で運営している店舗。

「忙しい時間帯」。

「営業中」に「予約目的の電話」。

「対応に困っている店舗飲食店」は多いことは。

実感している。

「地域密着の店舗」の「経営、運営」。

「集客」、「人件費や経費の削減」には。

「LINE」を活用するのがベストな気がする。

お客さんが持っているスマホに「宣伝」。

「チラシ」の効果だけではなく。

もともと「LINEは連絡ツール」なので。

LINEには「一方通行の発信」ではなく「相互的なやりとり」。

どこか「アナログ的な感覚」。

「デジタルのスマホでのやりとり」でも。

「相手が想像できる、見える」感覚。

「地域密着型」のデジタルツール。

「集客のアイテム」として活用しない手はない。

「クーポンの発行」や「注文」までできる「仕組み」があるらしい。

もしかしたら「決済」まで完了できるのかもしれない。

「ライン、ラインフォービジネス」の内容。

仕組みを深く知るために。

「LINEの公式本」を購入しました。

created by Rinker
¥387 (2024/07/25 07:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。