「渋くて食べられない柿を甘くする」。「キウイの追熟剤」の「熟れごろ」を使って「渋柿」のシブを抜くテスト。

広告



そのままでは食べられない「渋柿を甘くする方法」。

2022年シーズンの柿。

昨年2021年は。

柿が「ほとんど採れなかった」。

「不作だった」のですが。

今年は「まあまあ収穫できている」。

収穫をしたのですが。

この柿は「渋柿」。

このままでは渋くて食べられない。

「渋柿」を「食べられる状態」で商品にできないか?を考える。

「渋柿を使う使い道」。

一番に考えられるのは「干し柿」。

「干し柿を作りたい人向けに商品」を出すとしても。

「需要がそこまである」とは思えない。

そこで「渋柿」を「食べられる状態」で商品にできないか?を考える。

一般的に柿の渋を抜く方法としては。

「焼酎を使う」。

「皮を剥いて冷凍」。

「温度をかける」。

「熟させる」。

数年前にテストをしたのが「食品乾燥機で乾燥させた柿」。

「ドライパーシモン」。

まさに「渋柿」に「温度をかける方法」で食べられる状態。

「甘いドライフルーツ」が完成。

ただし「乾燥野菜」についての「保健所への届出」。

「更新をしなかった」ので。

残念ながら「商品化は保留」。

ペースト状にして。

型に流し入れてから乾燥させたのは失敗。

「色が悪い」し「大きさも揃わなかった」。

「シート状」にしたものは。

まあまあの出来でした。

2022年は新しい武器「料理を彩る パーツアイデア図鑑」。

本を入手。

これでイメージが発展する。

キウイの追熟剤「熟れごろ」。「エチレン」を使って「渋柿の渋を抜く」テスト。

ちょうど収穫した「キウイフルーツ」。

収穫した「キウイフルーツ」を食べる状態にするには。

「追熟」が必要。

「収穫したキウイフルーツ」を「安定的に美味しくする」ためには。

エチレンを発生させる「熟れごろ」を使います。

そして今回。

そのままでは食べられない「渋柿」を。

美味しく食べられる状態。

「熟させる」方法。

「りんご」など「エチレンを発生させる作物」と一緒に置くと。

「柿の渋みが抜ける」らしいので。

キウイの追熟剤の「エチレン」を使って。

「渋柿を完熟させるテスト」をしてみます。

「追熟剤で渋柿の渋を抜く方法」が「成功」すれば。

ほとんど手間をかけずに。

「渋柿」を「甘柿」にできますね。

created by Rinker
葡萄館
¥1,150 (2024/04/11 22:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,750 (2024/04/12 20:21:53時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。