「オーレックのスパイダーモアSP431F」。「替刃の交換作業」難航。

広告



「ボルトが固くて外せない」ので作業保留。

オーレックの機械の「ネジが固い理由」は「緩みどめの処理」がされているからです。

オーレックのスパイダーモアSP431F。

草を刈る刃が劣化。

丸くなっているので。

替刃を入手して交換作業。

刃を止めているボルトが回らない。取れない。

留めているボルト。

スパイダーモア本体に付属していた「ナイフの交換工具」を使って。

「ロータリーディスクが回らないように固定」しながら中央のボルトを外す。

メーカーのマニュアルより。

ナイフの取りつけかた。

ここまではなんとか外せました。

でも、「刃を止めているボルト」が回らない。

部品を外して交換するだけ。

簡単だと思っていたらできない。

手動、手では「ボルトが固くて回らない」ので「外せない」。

「電動工具を使わないと回らない」かもしれない。

結局「ウチの工具」を使っても「自分では外せず」。

近所のクルマ屋さんに外してもらいました。

なお「袋ナット」が「硬い理由」。

「緩みどめ」の「処理がしてあるナット」だからです。

created by Rinker
三陽金属(Sanyo Metal)
¥4,350 (2024/02/22 15:31:23時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。