「2022年シーズン」の「サツマイモ栽培」。除草作業中。

広告



ひと月前の「6月末」と比較した「サツマイモの状態」。

7月末現在。「ツル」がだいぶ伸びました。

ひと月前は「サツマイモの苗」が。

やっと根付いた。

葉色も薄くてまだ弱々しいけど。

「活着」した状態。

一気に畝の通路の「夏草が伸びる」のと同時に。

「サツマイモも成長」。

「ツル」が「2m程度」まで伸びている。

ビニールマルチをはった畝の間に「生えた草」。

「通路の草取り」がメインの作業。

地温上昇を多少防ぐための「敷き草」として利用するために。

「黒マルチの上」に草をおく。

そして、伸びた「サツマイモのツル」は「根がでる」ので。

サツマイモ栽培の基本作業「つる返し、戻し」。

ツルが土に触れて「発根した部分を剥がしながらの除草作業」。

同時に「葉っぱの裏」に光を当てたいと思っているのは。

「支柱を立てないと意味がない」かもしれないけど。

「垂直栽培のエッセンス」を少し加える。

2022年シーズンは「サツマイモの収穫量が増える」はず。

まだ「作業途中」だけど。

2022年の「サツマイモ栽培」は「栽培する本数」。

「苗の量」を増やした。

栽培においては。

「昨年やそれ以前」よりも。

「やりたいこと」や「管理」はまあまあできているので。

「収穫量も増えるはず」です。

管理にくわえて大事な「作業、仕事」は。

「収穫や販売、保存」。

無肥料自然栽培。

「作物栽培がうまくいった」としても。

サツマイモに関しては「掘る作業」や「売り先」。

「保存」する「方法、場所」など。

「解決」しなくてはいけない「問題や課題」は。

まだまだ「たくさんあります」。

created by Rinker
¥1,683 (2022/08/09 09:55:23時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2022/08/09 06:18:06時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。