「2022年」は全国的に「ブルーベリー」の出来がいいらしいですね。

広告



「気候のおかげ」で「豊作」。

「梅が不出来」な年は「ブルーベリーが良作」?。

ウチのブルーベリーの木。

たくさんの実がなっています。

「木の年数が経った」ので「収穫量が上がった」。

「調子が良くなった」のかと思っていたら。

どうやら全国的に2022年は。

ブルーベリーの成りがいいようです。

情報をみていると「豊作の理由」は「気候」だということ。

栽培で手をかける。

できる仕事をやったとしても。

出来が「いい年」と「よくない年」。

「自然の天候が要因」だとすると。

「栽培する側」としては。

結局「神頼み」ということになってしまう。

「梅が不出来」な年は「ブルーベリーが良作」という方程式が成り立つのか?。

「早い品種」はどんどん色づいているので収穫。

「甘いものは食べない」けどテスト。

市販「ニップンの冷凍パイシート」を使って。

「スイーツ」。

「ブルーベリーパイ」か「タルト」を作ってみようと思っている。

なので「カスタードクリームの作り方」を調べ中。

created by Rinker
日本製粉
¥6,215 (2024/02/23 03:29:02時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。