旬のフレッシュハーブ。「カモミールのハーブティー」。

広告



水に浮かべて青リンゴの香り。

「カモミール」の開花シーズン。

カモミールのタネは非常に細かい。

タネというより粉。

2021年の春に種まきをして育てた花から溢れたタネ。

確か「ジャーマン」ではなく「ローマンカモミール」。

12月に発芽を確認。

そして5月になって収穫時期。

「開花」しています。

摘んだカモミールの花。

花はそのまま食べても美味しくない。

収穫をしても「使い方がよくわからない」ので。

とりあえず「ハーブティー」で味見。

カモミールの花を水に浮かべて飲んでみた。

抽出というよりも、単純にグラスに「水と2個の花」。

浮かべて飲んでみた。

水に入れるだけで。

よくいわれる「青リンゴ」の香り。

「白ワインの味」の「構成要素」にも近い気がする。

「これが美味しいのか?」というと。

よくわからない。

そもそも「健康志向ではない」ので。

「ハーブティー」を飲んだことがない。

「ハーブ」を育てている。

「販売しようとしている目的」は。

「料理のスパイス」として使ってもらうため。

でも飲んでみると「コーヒー」「お茶」「紅茶」の代わりに。

「カフェインレス」。

たまには「旬のフレッシュハーブ」を使った「ハーブティー」を。

日常の飲み物。

「ローテーションに加える」のもいいかもしれない。

そして、「カモミール単体」で飲むよりも。

例えば、甘くしたり。

何か「他のハーブ」とミックスさせれば。

飲みやすくはなりそう。

「シロップ」作りに使える気がするけど。

「甘いもの」も「食べない、飲まない」ので。

試作はしない。

「美味しさがわからない」商品は。

「おすすめができない」ので「売りづらい」。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。