農作業での不快な虫「ブヨの対策」。フマキラーの「天使のスキンベープ ジェル プレミアム」で完全攻略ができました。

広告



「キャンプやアウトドア」の「虫よけ」におすすめ。

「肌に塗る」だけで。

「約8時間効果が持続」。

「幼児」でも安心して使える。

「イカリジン」成分の「虫よけ」。

「キャンプ、アウトドア」に「天使のスキンベープ」。

「天使のスキンベープ ジェル プレミアム。ワンワンとうーたんの虫よけ」。

畑、農作業中。

数年間悩まされていた「不快な虫のブヨ」。

「天使のスキンベープ ジェル プレミアム。ワンワンとうーたんの虫よけ」で。

「ブヨ」の完全攻略。

「解決」できました。

農作業中にブヨに噛まれると、心が折れる。

大人が、ちょうど「しゃがんだくらいの位置」。

噛まれて、心が折れる。

しゃがんだ作業。

「手作業での草取り作業中」は特に「集中砲火を浴びる」。

おそらく都会にはいない虫。

「蚊」よりも厄介な虫。

蚊よりも小さく羽音もしない。

「チクッと」するので。

噛まれたのがわかる。

気付いた時点では、すでに遅い。

慣れていない人なら「かなり腫れる」。

その後も「かゆみが続く」。

手袋をしていても。

布の部分を狙われてどうしようもなかった。

「不快な虫の対策」ができると「農作業の効率化」。

方法がわからずに「ブヨ対策ができなかった」今まで数年間。

やっとみつけた「イカリジン」。

「天使のスキンベープ ジェル プレミアム。ワンワンとうーたんの虫よけ」。

使用の初日。

予想以上、まさかの効果。

ジェルを塗って「素手で顔も露出」。

露出している「手や顔」。

「1回も刺されません」でした。

おまけに2回。

水で手を洗った。

それでも効果が持続。

もうやめられない農家必須のアイテム「天使のスキンベープ」。

「ミルキーな香り」で「ベトつかない」。

開封して、ジェルを手に取ってみる。

虫除けというと、イメージするのはハーブ。

「ミントの香り」ですが。

手でのばして顔に塗ってみると。

微かに「ミルキー?」。

「虫除け」の印象とは遠い香り。

肌から「サッとなくなる感じ」で。

「ベトつき」や「揮発」「塗った感覚」もない。

嫌な感じがしない。

「薬に頼る不安」と「虫に刺される、噛まれる不快感」。

「安全、安心な成分」だとはいえ。

「レジャーでたまに使う」ならいいけど。

畑の「シーズン中」。

「毎日虫よけ」に「頼ることになる」のもよくない気がする。

「薬に頼る不安」と「虫に刺される、噛まれる不快感」。

「バランスを考えながら使い方を考える」としても。

ただ、フマキラーの製品。

効果に驚く。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。