「ラヴァツァ」の「デカフェ、カフェインレスコーヒー」。

広告



created by Rinker
LAVAZZA(ラバッツァ)
¥1,188 (2022/05/25 13:08:35時点 Amazon調べ-詳細)

「身体にいいもの」が必ずしも「美味しい」とは限らない。

「ラヴァツァ」の「デカフェ、カフェインレスコーヒー」。

「味見とテスト」のために。

結局、いつもの「4倍」飲んだのは。

「何か物足りない」から。

実は「カフェインが美味しい」のかもしれない。。

「カフェイン」が身体に与える影響。

1日の生活で「コーヒー」や「緑茶」。

普段は飲まない「飲料」や違う「食生活」をすると。

「体調」がなんだかおかしい。

その後「体調を戻すのに数日」かかっていたことを。

何度も経験、体感。

「カフェインの摂取」が原因。

「身体に良くない影響を及ぼしている」のでは?

そして。

お腹に子供ができると。

今まで普通に口にしていた「食べ物や飲み物」の「制限」。

「我慢」が必要になる。

「好きなコーヒーが飲めない」という。

「妊婦さんの話」を聞いたタイミング。

「自分自身の感覚」と。

「一般的なガイドライン」。

「カフェイン」が身体に与える影響が気になった。

ちょうど「ビアレッティー」の「マキネッタ」で。

「エスプレッソコーヒーのテスト中」なので。

「カフェインレス、デカフェコーヒー」と「普通のコーヒー」。

「味、味覚」と「体感」を比較してみることにしました。

「カフェインレス」「デカフェコーヒー」とは。

「カフェインレス」「デカフェコーヒー」と呼ぶ、表示することができるのは。

「90%以上のカフェイン成分」を「除去したコーヒー」。

そして「カフェインを除去する方法」には「薬剤」。

もしくは「二酸化炭素」を使う。

お気に入りイタリアのメーカー「ラヴァツァ」。

「デカフェ、カフェインレスコーヒー」は「革新的な超臨界CO2抽出」だそうです。

革新的な超臨界CO2抽出プロセスを採用しています。

「身体にいいとされるもの」を作るのに「薬剤を使う」のでは。

本末転倒。

「ノンアルコール飲料」が典型。

その点でも間違いない「ラヴァツァ」。

マキネッタで淹れる「エスプレッソの粉」としては物足りない。

「ガス、直火でエスプレッソを淹れる調理器具」の「マキネッタ」。

「ラヴァツァ」の「デカフェ、カフェインレスコーヒー」。

「コーヒー」の香り、味だけど。

第一印象は「色、味が薄い」。

抽出される「液体の量」もわずかに少ない感じがする。

「エスプレッソというよりもコーヒー」。

エスプレッソとして飲む。

「使う粉の量」を増やしたとしても。

それでも物足りない。

同じメーカー「ラヴァツァ」。

「他のエスプレッソ用」の「中細挽」と比べても。

粉自体の「粒子が細かい」。

「カフェインレスコーヒー」の粉は。

「使い方の工夫が必要」なのかもしれない。

「味見とテスト」のために結局。

「90%のカフェインレス」。

「1日でいつもの4倍量」の液体。

「エスプレッソ」を飲んだのだけど。

「カフェインの摂取量」としては「4割の減」。

なお「厚生労働省のガイドライン」によると。

「妊婦さん」が「普通のコーヒー」を飲んだとしても。

「1日あたりカップ2杯程度までは問題ない」らしい。

「自分の身体の感覚」を大切にする。

食べ物を摂取。

「口にする物」が「身体に影響を与える」ことは確実。

「栄養学的」や「成分的な数値」だけではなく。

「自分の身体の感覚」は「1番の判断基準、材料」。

created by Rinker
LAVAZZA(ラバッツァ)
¥1,188 (2022/05/25 13:08:35時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。