「多少のエグ味は味のうち」。試してみたいタケノコの「アク抜きの方法、考え方があるけど」。「エグ味」がトラウマ。

広告



プロの人に家の庭の「庭木「剪定、整理」をしてもらいました。

「素人の自分が切る」のとは違う「職人の仕事」。

自宅の庭の樹木。

プロの仕事、手が入ると。

庭がスッキリしました。

庭木。

それぞれの木の「特徴」どころか。

「名前」すら怪しい。

とりあえず伸びすぎている、混み合っていた枝。

「切りすぎる」「刈り込みすぎる」と。

花芽や新芽を切り落としてしまう恐れ。

枯れてしまうのでは?と思いながら。

自分で「かなりの量」を切った。

でも、そのあと「プロの仕事」。

手際、技術。

話をしていると知識。

やはり「仕上がり」。

「素人の自分が切る」のとは「全体を見る目」が違う。

家の畑が「キャンプ場」。キャンプの何が楽しかったのだろう?

都会の人にとっては、「ゴールデンウィークなど休日」には。

屋外で、リフレッシュ。

日頃の仕事、生活から解放。

都市部から「非日常のキャンプ」に行く人たちも多いはず。

一方で、田舎生活。

家は「キャンプ場」同様。

敷地内で日常的に直火を使うことができる。

ものを燃やすことは生活の一部。

家の中でも虫。

食べ物に「虫がダイブ」するのも普通。

田舎暮らしの現在では。

「キャンプに行く必要がなくなった」。

ご飯も「室内料理」をしたほうが。

「調理器具を使えるので簡単」で美味しい。

「外は寒いし、暑い」。

家ならネットがつながって。

音楽も聴き放題、動画も見放題。

キャンプの何が楽しかったのだろう?

「グランピング」ならいいかもしれない。

「田舎生活のインドア派」になりつつある。

不要な自然物。剪定枝などの再利用、活用方法。

不要でも。

自然物を無駄にするよりも活用したい。

「草木染め」もその一つのアイディア。

今の時期なら。

商品にしたいと思っている。

生えてきた「タケノコ」。

木、燃料を無駄に燃やすなら。

その火、熱で「タケノコを茹でる」ことができるはず。

でも過去に「新鮮なら生で食べられる」という情報。

「掘りたて」をかじったら。

「毒レベルのエグ味」。

「多少のエグ味は味のうち」だとわかっていても。

それ以来。

「生えてくるタケノコ食べてみようと試みる」のだけど。

「香りとえぐみ」が怖い。

「トラウマ」になっている。

created by Rinker
¥3,080 (2024/07/25 07:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。