「農作業用の手袋」。ちょうどいい製品がないかな?

広告



「草取り作業」で「手袋をする理由」は「ブヨ対策」。

本当に「解決しなければいけない事案」。

「切羽詰まった問題」だからこそ。

「答えが見つかる」。

「ジャンボニンニク」の草取り作業。

ニンニク栽培。

「ジャンボニンニク」の草取り作業。

1回目を終えました。

道具、機械ではできない箇所。

「大五郎のノコギリ鎌」と「手」。

そして「細かい作業」なので「手作業」です。

土の上。

「目に見える草」は「取り除いた」けど。

「春、季節の訪れ」。

「見た目がカワイイ」といわれる「つくし」ですが。

「つくし、スギナ」は、「農家にとっては強敵」。

「ゲリラ的」に一気に顔を出す「スギナ」。どうやったら「畑からなくすことができるか?」。

その「スギナ」が「土の中で芽を出す様相」。

土の中からいきなり。

「ゲリラ的」に一気に顔を出す「スギナ」。

「畑の草管理、除草」。

現段階としては。

「対策」としては、どうしようもない。

薬を使わすに「どの時点、タイミングで弱らせるか?」

「畑からなくすことができるか?」。

数年間「観察」、「方法を模索」している。

「大五郎 鋸鎌 波目 ラッパ柄」。

農業を始めてから「肌身から離したことがない」。

頼りになる道具。

「1番お気に入りの農具」が「大五郎 鋸鎌 波目 ラッパ柄」。

「木材の柄」が「円形」で。

「テーパー、ラッパ状」なところが「特に使いやすい」。

引くと切れる「ノコギリ状の刃」。

created by Rinker
コンヨ(KONYO)
¥985 (2024/02/22 05:16:09時点 Amazon調べ-詳細)

「手袋をする」だけで「手の感覚」。

「感覚がにぶる」。

指先の「微妙な感覚を失う」ことはわかっている。

でも不快な虫「ブヨ」。

農作業中に。

不快な「ブヨ、ブユ」に。

「手の甲」を刺されないため。

仕事を邪魔されないための「防御テスト」。

新しい「手袋」を使ってみました。

「期待していた手袋」は「不採用」。

「草取り作業」。

「指先」の「感覚」がない。

そして少しでも「滑る」と。

倍以上疲れる。

残念ながら不採用。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。