「電動ドリル」に「ブラシのアタッチメント」を取り付ければ「掃除」。「家事」も「ラクになる」。

広告



「Elikliv」。充電式「電動ドリル」で「掃除も効率化」します。

「Elikliv」の「充電式電動工具」。

これで「農業の効率化」。

支柱を立てる作業など。

地面に穴をあける目的、ねらい。

でも「別の用途」の「家事」。

「掃除の効率化」の道具としても機能しそうです。

「ブラシの硬さ」は「色」によって違う。

屋外、外で使う「農業」の「機械」や「道具」。

「土」や「草のヤニ」など。

汚れを落とす作業。

「掃除、クリンネス」。

「道具のメンテナンス」にも時間を取られる。

「屋外」の「頑固な汚れ」なので「手作業」では。

「ブラシでゴシゴシ」こするのでは、かなり効率が悪い。

時間がかかる上に落ちない。

「高圧洗浄機」を使っても「水圧だけ」では。

トラクターなどに付着した土。

完全には落ちきれない場合もある。

そこで「Elikliv」の「充電式電動工具」。

「電動ドリル」に「ブラシのアタッチメント」。

「ブラシ」で「仕事を効率化」する。

「色」によって「硬さ」が違うらしい。

「値段」も少し「差がある」。

とりあえず。

一番柔らかい「白のブラシ」から試して、様子をみる。

土の付いている「野菜」。

「大根」や「ニンジン」「里芋」など。

「根菜類」を「電動ドリルにつけたブラシ」で洗うこともできるかもしれない。

「手元で回転する道具」は。想像していたよりも「応用」が効きそうです。

直接「農作業には関わりがない」かもしれないけど。

「お風呂」や「サッシ」など「家事」。

「掃除の効率化」ができる。

「自分の時間」が増えれば。

さらに仕事ができる。

そして「電動ドリル」は「料理の道具」。

「泡立て器」とか「ブレンダー」。

「調理器具」としても使えそう。

さすがに食品衛生的に。

「作業、掃除用具」と「共用はしない」。

「アタッチメントもない」のだけど。

「手元で回転する道具」は使い道が多い。

「マキタの充電池、バッテリー」を使った「Eliklivの電動ドリル」は「応用」。

当初イメージしていたよりも多方面に使えそうです。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥15,880 (2022/08/09 16:07:28時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。