「確定申告」をプログラミングの「Python」で「効率化」ができました。

広告



「手計算」。「電卓で足し算」をする必要がなくなりました。

「カード会社からの明細CSVのデータ」を「Python」に読み込ませる。

「確定申告が面倒」なので。

できるだけ「効率化、時間の節約」を考える。

その一つの方法が「クレジットカード払い」。

買い物をした「明細書」が「紙」で送られてくるので。

「明細と詳細」。

詳細の「レシート」と「照らし合わせる」ことができること。

そして「明細のデータ」を「ダウンロードできる」ことが。

一番の大きなメリット。

データを「Python」に読み込んで「計算を自動化」。

せっかく学習しているプログラミング。

「Python」でなんとかできればと考えていたところ。

効率化が「できました!」。

ダウンロードした「クレジットカードの明細データ」を「CSV形式」にして「pandas」で計算。

数ヶ月前の自分は。

「Googleスプレッドシート」で効率化。

「何か複雑なこと」を「しようとしていた」らしい。

でも「Python」を使った。

シンプルに「4行のコード」。

「カテゴリー」ごとに合計を出すだけで充分効率的。

「計算する手間」。

人間が計算をする必要がなくなりました。

そして、「より良い使い勝手」にするために「発展系」。

「改良」を少しづつ加える予定です。

「オンライン学習のUdemy」で受講している「Python」の「オススメ講座」。

https://www.udemy.com/share/104EOWAEAadVtWQXwD/

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。