フェンダーの「ヴァイブロチャンプXD」。「真空管のギターアンプ」を入手しました。

広告



「デレクアンドザドミノス」時代の「エリッククラプトン」が「レイラのアルバム」で使ったというアンプの現代版。

この「ギターアンプ」1台で「ギターヒーロー」。

「クリーム時代から現在までの音」だけでなく。

created by Rinker
Umc
¥1,485 (2022/08/10 01:08:01時点 Amazon調べ-詳細)

「パープルレイン」の「プリンス」にもなれる!

created by Rinker
¥299 (2022/08/10 01:08:01時点 Amazon調べ-詳細)

「いい音」なだけでなく「弾きやすさ」。ギターの「個人練習には最適」な小型アンプ。

購入したのは、「Fender vibro champ XD」。

「真空管が搭載」されているけど。

スイッチは、「オンオフ」のみで。

「スタンバイスイッチ」はない。

おそらく完全な「真空管アンプ」ではないです。

「Fender vibro champ XD」の「1番の特徴」は。

シュミレーターではない「スプリングリバーブ」がついていること。

「自然な残響音」が得られる。

そして、心地よい「トレモロ」モード。

「フェンダー公式のサイト」をみると。

現行では、「ヴァイブロチャンプ」は「販売していない」ようです。

「フェンダーの公式ページ」はこちら。

https://www.fender.com/ja-JP/guitar-amplifiers/

「16種類」のボイスコントロールで「多彩な音」が出ます。

アンプの「コントロール」ツマミには。

基本的な「ゲイン」「ボリューム」「トレブル」「ベース」。

それに加えて「ヴォイス」。

「Fender社」だけではなく、各社「代表的なアンプの名器」。

「16種類」のアンプが「シュミレート」されている。

「ヴォイス」を切り替えることによって。

「多彩な音」が楽しめる。

「F/Xレベル」「F/Xセレクト」で「エフェクト」の切り替えとボリュームを選択。

ついているエフェクトは。

「リバーブ」「コーラス」「トレモロ」「ビブラトーン」「ディレイ」。

「フランジャー」かと思っていたら「ヴィブラトーン」。

この「エフェクト」をかけると80年代。

「パープルレイン時代のプリンス」っぽい音。

だから今「コピーして弾いてみたい」のは。

「プリンスのアルバム」。

「パープルレイン」から「Computer Blue」。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。