オーブンで、青柚子の「香り塩」を作ってみました。

広告



材料は、青柚子の皮と、果肉、塩。

「青柚子」を使った「香り塩」を作ってみました。

「香り塩」の出来上がりは。

「青柚子の香りと少しの苦味」、そして「塩の塩味」。

味は、想像通り。

それぞれが、「単純に足された味」ですが。

オーブンで「乾燥」させても。

「もとの香り、味」が残っている。

もしかしたら、「時間が経つと香りは飛ぶかも」しれないけど。

いい調味料、スパイス。

柚子の皮をおろすには、「マイクロプレーンのグレーター」がオススメです。

「柚子の加工」をするなら、おすすめの調理器具。

「マイクロプレーンのグレーター」。

アメリカ製「Microplane」のおろし金。

マイクロプレーン社のグレーター。

created by Rinker
Microplane (マイクロプレイン)
¥3,850 (2021/10/18 18:15:38時点 Amazon調べ-詳細)

「材料がフワッフワ」になるだけでなく。

刃の部分で、調理中、洗うときでも「ケガをする心配がない」。

そして、「薄く削れる」。

柚子の表面だけを削れるので。

白い苦い部分が入らない。

爽やかな部分、味だけを抽出できる。

「香り塩」に使う塩は、ある程度のグレードのものを使った方がいい。

今回の「青柚子の香り塩」は、テストで作ったので。

使った材料としての「塩」は。

それほどいいものではない。

「香り塩」として作った調味料。

塩の味が、そのまま出るので。

「料理の最後にパラパラを振りかけて使う」のなら。

ある程度の「いい塩」を材料として使うのがいいようですね。

次は、この普段使っている「シチリアの塩」。

「MOTHIA、モティアのフィーノ」でテスト。

created by Rinker
MOTHIA
¥860 (2021/10/19 05:26:48時点 Amazon調べ-詳細)

輸入食材店なら。

ネットよりも、手軽な価格で手に入ります。

広告