「市販のクリスピーピザ」の生地で、「自家製野菜のクリスピーピザ」を焼いてみました。

広告



「Deri Sun」のクリスピーピザ生地を使ってみました。

「市販の生地」と「ウチの作物」とコラボした新しい形。

可能性がある!

「スペイン」のイタリア風クリスピーのピザ生地。

ピザクラスト。

直径20センチ程度で、薄いピザ生地。

4枚入り。

原産国が「スペイン」の。

「イタリア風ピザ生地」。

「やまや」で販売されています。

賞味期限は、常温では、期限内。

袋を開封したら「冷蔵で1週間以内」。

「冷凍」もできる。

酒屋さん?輸入食材店の「やまや」で買いました。

200℃に予熱したオーブンで5分程度。

袋には、焼き時間が書かれていないので。

今までピザ。

そのほかの物を「オーブンで焼いてみた経験上」。

高温「200℃に予熱したオーブン」で。

様子をみながら焼くことにしました。

今回のピザのトッピング、具材は。

昨日収穫した「ジャガイモ」。

「ニンジン」の「ラブリーキャロット」。

ジャガイモとニンジンを茹でて火を通したもの。

手でちぎってのせた。

「オーガニックのホールトマト缶」を煮詰めた「トマトソース」。

アンチョビとオリーブオイル、軽く塩。

これらが材料。

市販の「Deri Sun」のクリスピーピザ生地、ピザクラストにのせた。

「200℃に予熱したオーブン」を使って。

焼き時間は、様子をみながら。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥46,954 (2021/09/23 01:03:29時点 Amazon調べ-詳細)

「200℃で5分」くらいで。

「オイル」がぐつぐつし始めて。

生地が「クリスピー状」になりました。

生地は、「ピザ」というよりも、「クッキー」のようなサクッとした味。

外側の「サクッ」と、「カリッ」と焼けた生地。

「クリスピーに焼けた部分」は「ピザ」というよりも「甘い」感じ。

「クッキー」とか「クラッカー」っぽいのかな?

全体的に生地が分厚い「アメリカンピザ」の感じとは違う美味しさがある。

「カリッと」と「しっとり」がミックスして飽きないし。

軽くて食べやすい。

ジャガイモ、緑の部分は毒なので、商品にならない。

反省点は、「自家製野菜の具材」の処理。

まず「掘り立て」のジャガイモなので。

それ自体に水分が多い。

その上、イモが陽にあたった「緑化したジャガイモ」を使った。

ジャガイモの「緑の部分」は、「毒」なので。

緑化したジャガイモは、売れない。

販売ができないので、「自家消費、味見用」。

だから、毒の「緑の部分」を。

「切って茹でたジャガイモ」。

火が入った時点で、「水分が多い」、「味に凝縮感がない」。

香りはあっても、存在感がなかった。

ジャガイモの使い方に反省点はあっても。

市販のピザ生地。

「自家製の自然野菜」がメイン。「市販の生地」と、「自然栽培の野菜」のコラボもあり。

今までは、「すべて自家製」。

ピザは、粉から、こねること。

材料まで。

「すべて自家製」で、なんとかしようとも考えていたけど。

「市販で使える商品」は、使った方がいい。

今回の生地を試食しても悪くはない。

「自家製野菜」が、もちろんメイン。

市販の、ピザ生地を活用して。

「ウチの作物」とコラボした新しい形。

可能性がある。

広告