畑に生えてくる草「カナムグラ」を見て不安になった。でも、確実に「ホップ」です。

広告



「ホップ」と「カナムグラ」。

いわゆる「雑草」を数年間。大事に育ててしまっていたのか?と思った。

タネをまいてから数年間が経過。

やっと今シーズン、順調に育ち始めたと思っていた「ホップ」。

だから、調子に乗って前祝い。

ホップの効いた「ビール」を買った。

「ホップ」だと思っていた植物。実は、いわゆる雑草なのでは?という疑惑。

畑に生えてくる蔓性の植物「カナムグラ」。

生育旺盛で、厄介。

刈り払い機を使った草刈り作業では、つるがからむ。

できるだけ小さいうちに除去をしておきたい植物。

ふと、畑の周囲の草を見ていたら同じ形。

そっくりさんの葉っぱを発見。

「ホップ」だと思っていた植物は。

実は、いわゆる雑草の「カナムグラ」なのでは?という疑惑。

これは、「カナムグラ」。

「ホップ」だと思って大事にしていた植物とそっくり。

いわゆる「雑草」を大切に守っていた可能性。

「ホップ」の和名は、「セイヨウカラハナソウ」。

ネットで調べても。

葉っぱの形状。

写真では「ホップ」であるかの判断ができなかった。

おそらくホップも品種によって葉っぱの形状は違う。

次は、YouTube。

「ホップ栽培の貴重な映像」が出てきて。

この動画を観て確信。

そして、ウィキペディアで検索すると。

「ホップ」の和名は、「セイヨウカラハナソウ」。

「カナムグラ」と「ホップ」は類似種だということ。

間違えて当然。

断片的な、いくつかの情報を総合すると。

育てている植物は。

確実に「ホップ」。

間違いない。

それぞれの葉っぱをちぎると、「感触と香り」の違いがある。

「ホップ」と「カナムグラ」の違い。

見分け方をいくつか。

まずひとつは。

一ヶ所、同じところから芽が出てくるか?

宿根草のホップは、数本の芽が同じところから生えてくる。

これは、オリジナルの比較。

葉っぱをちぎってみると。

感触的には、確実に違う植物。

ホップの葉っぱの表面は、少しざらついていて。

香りは、少しおとなしい。

一方の「カナムグラ」。

ちぎった葉っぱは、ベトベトして手に残る。

香りは、草の若い感じが強い。

植えた「ホップの品種」は、「ワイルド」。

なお、ホップは、7月以降に花が咲くらしいので。

あと約1ヶ月後には、はっきりした結果が出る。

間違えだとしても。

それはそれで仕方がない。

ちなみに植えた「ホップ」は。

「ワイルド」という品種だぜ。

広告