アンズの木の枝にいた「毛虫」を触ってしまいました。その指を包丁で切るアクシデント。「毛虫の写真あり」。

広告



過去の教訓が、まったく生かされていない反省。

繰り返す同じ失敗。

アンズの木が、イノシシにアタックされていたので。

数回目。

植え付けたばかりの苗木でなくて。

数年前に植えたアンズの苗木。

これも何回か荒らされたにも関わらず。

だいぶ成長した。

期待値を込めて、来年は花が咲くはず。

樹形を作ろうと、今後伸ばしたい方向へ。

ヒモと石で固定。

枝を誘引。

固定している石はわりと大きい、重いものだけど。

イノシシにとっては。

そんな大きい石でも、「軽いもの扱い」らしい。

ヒモもはずれて、石は、別の場所に転がっていた。

だから、誘引したはずの枝は自然のままに。

枝を触ったはずが、「チクッとした」。

「注意!」。

毛虫の写真あり。

今、写真を見ると。

保護色というか。

毛虫と木の枝が同化しているように見える。

素手で、誘引していた枝を再度。

元通りにしようかと思って。

枝を触ると。

なぜか鋭利な「硬いタワシ」の感触。

「チクッ」とした。

指、枝をみると。

そこには、「毛虫」。

表面ではなく、裏側にいたので。

触るまでは。

見た目では、気づかなかった。

幸い。アンズの木の枝にいた毛虫には「毒」はなかったらしい。

この毛虫が何虫か?はわからない。

指の表面、皮膚に多少の「切れたような違和感」は残ったけど。

とりあえず「毒」はなかったらしい。

ひと安心。

同じ箇所を、包丁で切った。

毛虫の「毒」。

被害はないらしいと。

安心していたところ。

家に帰って、同じ場所を。

包丁で切った。

材料の「切りものをしていて切った」のではなくて。

横着したせい。

狭い場所で作業をしたせいで。

切っている材料が落ちた。

瞬間、拾おうとすると包丁の先が、指にかすった。

切れて血が出たのは、左の中指。

ちょうど、毛虫を触った箇所の指。

ある意味、解毒効果があるのかも。

今、気づいたけど。

かすったのは、2本の指だった。

いずれにしても。

傷が浅かったのは、不幸中の幸い。

繰り返す同じ失敗。

畑では、肌を露出してはいけない。

今回のこと。

木には、毛虫がいることは。

アンズの木だけではなく。

ブルーベリーにいるのも、確認している。

毒の有無に関わらず。

畑の作業は。

半袖、半ズボン。

素手での作業も、確実に無理。

畑では、虫よけの対策として。

長袖、長ズボン、手袋と防虫ネットと。

フマキラー どこでもベープ№1未来。

created by Rinker
どこでもベープ
¥1,495 (2021/06/14 09:23:00時点 Amazon調べ-詳細)

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。