「農業の経営と生活(農学基礎セミナー)」を読み終えました。線形計画図?

広告



この農業の本に、プログラミング、Pythonを活用するヒントがあるとは思わなかった。

慣行農法、有機栽培、自然栽培に限らず農業に関心がある人は、読んで損はない内容。

いまさら農学の勉強。

この本、「農業の経営と生活(農学基礎セミナー)」を読み終えました。

慣行農法、有機栽培、自然栽培の農法。

出荷販売、経営の方法に「それぞれ考え方の違い」はあっても。

農業に関心がある人は、読んで損はない内容。

どれも、何も「敵対視」していません。

created by Rinker
¥1,870 (2021/09/21 22:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

「複合的な作物栽培」。「線形計画図」による最大公約、最適化。プログラミング、Pythonが活用できる。

2000年。

20年前に出版された本だから。

使われているデータなどは古いし。

まだ「パーソナルコンピューターが普及していない」という時代は感じるけど。

本の中身は、まったく古くなく今でも。

これからの未来にも通用するし。

「自分個人の農業に対する考えや行動もまちがえていないのでは」と思わせてくれる。

そして、学校の授業、数学で勉強していなかった。

「線形計画図」の紹介。

「複合的な作物栽培」における最大公約、最適化。

効率的な作付面積、収穫による金額予測、労働時間の効率化。

今まで。

「町の農政課」や、地域の「農業普及センター」などを訪れて相談しても。

得るものはなかった「農業の経営に関する知識」。

この本は、必ず助けになるはず。

そして。

数学ができなくても、苦手でも。

線形計画図をプログラミング。

自然栽培、有機栽培農業の経営を最適化するヒント。

他品種、多品目の作物、複合農業。

Pythonで自動化、効率化できる可能性。

これを作って「github」で公開できたら。

学習しているPythonなどプログラミングに関する勉強が。

「ITを活用した農業」。

実益として役立つことになる。

JAの会員になろうかな。

「自然栽培」の農業を実践するというのは。

「JA、農協」とはまったく関わりがないことだと思っていたけど。

農業といえば「JA」。

本を読んでいて、やはり農業のプロというか。

国の農業を支えている「JA」の知識や、技術は。

自分にとってもプラスに働くはずだし。

活用ができるのではないか?

JAの会員になろうと思っています。

created by Rinker
¥1,870 (2021/09/21 22:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

広告