ビニールハウス内で育苗。加温なし。加熱用の「ボルゲーゼトマト」が「12日」で発芽しました。

広告



「ボルゲーゼトマト」が「12日」で発芽しました。

 

created by Rinker
農山漁村文化協会
¥2,200 (2021/05/15 09:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

今年2021年は、ビニールハウス内で野菜苗の育苗。

 

今シーズン一番最初に発芽した「夏の果菜類」のタネは。

 

 

加熱調理用の「ボルゲーゼトマト」。

 

 

加熱用トマトの「ボルゲーゼトマト」。「食品乾燥機プチマレンギ」でドライトマトを作る。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥23,531 (2021/05/15 17:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

3月中にトマトが発芽したのは。

茨城県に来てからは初めて。

この時期から苗が準備できれば。

いいタイミングで畑に植え付けることができる。

 

今年からは、ビニールハウス内での育苗。

 

 

踏み込み温床、電熱など。

人為的に地温を上げる「加温」はしていないのだけど。

ハウス内の温度をキープするための「秘密の細工」はしてある。

 

なお、記録によると、2年前。

4月初旬に屋外、ビニールのトンネルで育苗。

ボルゲーゼトマト。11日経って発芽。

 

発芽までの日数、期間は、ほぼ同じ。

でも、「4月19日」に対して今年の発芽は「3月24日」。

1ヶ月程度の前倒し。

 

かなり栽培に有利。

 

「ボルゲーゼトマト」以外の「他の品種のトマト」がまだ発芽していない。

 

そして、同日に同じ条件でまいたタネ。

 

ナスや唐辛子は、「発芽させるのが難しい」ので。

まだ出てこないとしても。

 

「他の品種のトマト」もまだ発芽していないのは。

「ボルゲーゼトマト」の特性なのか?

それとも、ビニールハウス内での発芽条件。

育苗箱の位置、置く場所。

「環境がよかった」からなのか?

観察して理由を探る。

 

ボルゲーゼトマトは、「ドライトマト」に加工する。

 

そのままだと美味しくないボルゲーゼトマトは。

加熱、加工用。

 

加熱用トマト。赤くなったボルゲーゼトマトを試食。

 

食品乾燥機の「プチマレンギ」だけではなく。

 

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥23,531 (2021/05/15 17:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

新たに入手した東芝のオーブンでも。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥48,053 (2021/05/15 14:32:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

ドライトマトの試作をする予定。

 

 

created by Rinker
農山漁村文化協会
¥2,200 (2021/05/15 09:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

「 だれでも起業できる 農産加工実践ガイド」。本を購入しました。

 

広告