向井工業の中耕除草機。「たがやすパワー TP-90」が届きました。草とり作業の効率化を狙います。

広告



向井工業の手押し式の中耕除草機。「たがやすパワー TP-90」が届きました。

 

「たがやすパワー TP-90」。

 

手押し式の中耕除草機を購入しました。

 

 

購入して、届いた商品。

「たがやすパワーTP-90」。

 

 

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/05/15 17:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

商品が届いて箱を開封しただけ。

まだ実際の作業には、使っていませんが。

 

この手押し式の中耕除草機「たがやす」も使って。

今シーズンは、「草とり作業の効率化」を狙います。

 

草刈りの手間を省くために。育てる作物によって、畑の形。状態を変えてみます。

 

畑といえば。

トラクターで畑の全体を耕運、耕起が基本。

土をむき出し、やわらかくする。

 

この方法だと。

「畑の作業時間、手間が増える」という現在の結論。

 

「作物の栽培」よりも時間がかかる畑の「草管理」。

その「草管理の省力化」を狙って。

せっかく買ったハンマーナイフモア。

 

 

念願のハンマーナイフモアを購入しました。

 

ところが、トラクターで耕起した地面、土がやわらかい。

水分が多い、おうとつがあると。

 

重量がある機械、ハンマーナイフモアでは。

機械が埋まってしまうのと。

表面の草を刈るよりも、土を掘るために。

刃のダメージも大きい。

 

ハンマーナイフモアが畑に埋まる。さすがに今回は自力脱出はできず。近所の人が助けてくれました。

 

せっかくの効率化目的の機械。

自走式の草刈り機が、活躍できないという結果。

 

土がしまって、平らだと。

作業がかなり楽。

こんなにきれいに刈れます。

 

 

ハンマーナイフモアのレビュー。ついでに庭の芝生も刈ってみた。

 

 

 

畑を全面耕起しないことにした。

 

カセットガス式の耕運機「ホンダのピアンタ」。

 

 

数年間、このホンダのピアンタ。

エンジンがかからず困っていて、いろいろ試した。

 

 

ホンダのピアンタ。FV200の点火プラグが、はずせない。

 

 

 

点火プラグを無事交換。でもエンジンがかからない原因は別にあるらしい。

 

 

いろいろ試したものの、結果、自分では直せず。

修理をしてもらったホンダの「ピアンタFV200」。

 

今シーズンは、家庭菜園用の小さい、力のない機械だけど。

このピアンタを使って。

通路と栽培する場所を使い分ける。

 

今シーズンは、草とり作業をはじめ「全体的な作業の省力化、効率化」を狙います。

 

今回届いた、手押し式の中耕除草機「たがやす」。

 

 

ホンダのピアンタ。

 

 

そして、ハンマーナイフモアを使って。

 

 

今シーズンは、「畑作業の効率化」を狙います。

 

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/05/15 17:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

広告