東芝の石窯ドーム「ER-SD3000-W」でオーブン調理。「丸鳥のローストチキン」を作ってみました。

広告



オーブンを使って「丸鳥のローストチキン」を作ってみました。

 

東芝の石窯ドーム「ER-SD3000-W」でオーブン調理。

 

オーブンを使った料理。

今回は、クリスマスに向けて。

「丸鳥のローストチキン」を作ってみました。

 

 

予熱したオーブン。180℃で1時間。

 

鶏肉に塩と、白いコショウ。

オリーブオイルを塗って。

まわりに野菜をおく。

今回は、ニンニク、大根、じゃがいも、さつまいも。

 

最後に、バターの代わり。

ギーを散らすように、なすりつける、かたまりを残したまま塗る。

 

本当は、ローズマリーやタイム。

ハーブを入れたいところですが。

フレッシュハーブは、今の時期、ウチにはないので入れなかった。

 

 

家庭用で食べるなら。

鳥の形をヒモで整える、しばる必要はないということ。

 

180℃に予熱したオーブンで1時間加熱。

そのあと30分ほど。

そのままオーブンの中で寝かせる。

 

オーブンで鶏肉を加熱すると、肉質がしっとり仕上がりますね。

 

 

 

オーブンに入れて。

 

 

30分ほどすると。

だんだん焼き色。

プリっとしてる。

 

 

焼きあがり。

 

 

皮の油は抜けていて、薄い膜状。

「パリッとした香ばしい」食感は、ない。

 

オーブンに入れる前に、熱した油をかける調理方法もあるらしいけど。

家庭では、そこまではできないので仕方がない。

 

丸鳥に限らず。

鳥の肉は、オーブンを使って加熱をすると。

パサパサにならないし、「しっとりとしてやわらかく」仕上がります。

 

フライパンなどで焼く調理よりも。

簡単で手間がかからないし。

より淡白、ヘルシーな感じ。

 

オーブン調理で出た汁は、ソースに。骨はスープの出汁になる。

 

丸鳥だと。

料理が難しいと思われるかもしれないけど。

部位を、なんとなくわかっていれば。

簡単にバラバラになる。

 

皮をちょっと切れば。

骨、関節も手で外せます。

 

丸鳥なら。

それぞれの部位の違いで肉質、味の食べ比べ。

変化が楽しめるうえに。

残った骨は、煮出してスープが作れるので。

材料も無駄が少なく。

何日かに分けて、料理のバリエーション。

 

鳥のスープとニンニク、醤油。

特に、「白いコショウ」で。

「昔のラーメン」の味がする。

 

オーブンがある家庭なら。

1度は丸鳥で「ローストチキン」。

作ってみる価値はあります。

 

 

オーブンで「ローストビーフ」を作ってみました。

 

 

小さいサツマイモを「160℃で約40分」のオーブンで焼いてみたら。「カリッとシットリ」の全部で美味しい。

 

 

オーブンで「ローストポーク」を作ってみました。

 

 

料理が好きで、でもオーブンがないなら。

ぜひ入手、買うのをオススメします。

 

オーブン調理は、かなり面白い。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥48,234 (2021/03/08 06:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

広告