自宅のWi-Fi「AirMac Express」ネット環境に不具合。通信規格も進歩していて、そろそろ買い替え時期。「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター」を購入予定。

広告



「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター」を購入予定。

 

第6世代「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター」を買う予定です。

 

目に見えない通信、電波の環境構築。

新しいWi-Fiルーターを購入予定。

でも、どの機種を選んだらいいのか?

 

ネット上のレビューや。

カタログ上、数値上で比較しても、結局は。

実際に設置して、使ってみないとわからないのが。

通信環境の現状らしい。

 

そんな中、数社のメーカー、数機種の比較、検討。

調べてみた結果。

性能と値段のバランス。

 

この機種、第6世代「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター」どちらか、を買う予定。

 

 

自宅のワイファイ。ネット環境が、なんだか調子が悪い。

 

自宅のWi-Fi環境下で、パソコンを使っていて。

なんだか最近おかしい。

気になることがいくつもあって。

 

  • 画面を開いた状態でしばらく時間をおくとエラー。Wi-Fi接続確認のメッセージ。
  • 動画を観ていると画面が少し途切れる。
  • パソコン、スマホを同時に作業すると違和感。
  • 特にアップロードに問題や、時間もかかる。

 

そういえば、少し前に流行った?

速度チェック。

登り、下りとも速度結果は。

かなり悪かった。

 

アップルのWi-Fiルーター「AirMac Express」の買い替え時期が来たらしい。

 

もともとマックユーザーなので。

だから、使っているWi-Fiのルーターは、もちろんAirMac Express。

 

アップル純正のWi-Fiルーターがあれば、迷わず購入しているのだけど。

アップルが「Wi-Fiのルーター、ハードの発売をやめた」というのは。

すでに2年ほど前の情報。

 

この機材「AirMac Express」は、5年くらい前の製品。

 

 

実際の不具合。

原因は、ウチの。

Wi-Fiルーターが現代の通信規格。

様々な使用環境の変化、進化に対応できていないから。

 

Wi-Fi、ネット環境の不具合は。

「機材買い替えの時期」が来た、というサインらしい。

 

現代のWi-Fiルーター。最新は、第6世代のWi-Fi6。

 

実際手にして使っている「スマホや、パソコン」を買い換えるのは。

画面が割れたり、動作が遅くなる。

時間が経てば古くなる。

 

そこで買い替えを検討することは。

なんとなくイメージができる。

 

でも、目に見えない通信環境のアップデート。

自分も今まで、その必要性、重要性には、気づかなかった。

それほど通信環境も進歩している。

不具合が生じて、やっと気づいた。

 

今使っているWi-Fiルーターは、アップルの製品。

 

 

5年前の機械。

現在の「第6世代」のWi-Fiの通信規格と比べて。

この時代のハード。

Wi-Fiルーター通信の規格には、名前すらない。

 

それほど古いらしい。

無理矢理だと第2世代くらいか?

 

アップル純正がなくなったとして。

メーカー推奨もなく。

似たような製品が多数ある中。

何を買ったらいいのか?

 

数機種比較、検討、調べてみた結果。

性能と値段のバランス。

メーカーとしては「TP-Link」。

これら第6世代「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター」。

どちらかを買う予定。

 

広告