ピザを試作中。期待していたオーブンは、思っていたより火が入らない。鉄のフライパンで焼くのが正解っぽい。

広告



ピザを試作中。焼くのは、鉄のフライパンが正解なのかな。

 

ピザは、IHでも鉄のフライパンで簡単に焼ける。

 

IH対応の鉄のフライパン。

 

 

鉄のフライパンを使ってフタ。

油を使わなくても、ピザは、簡単に焼ける。

油断しているとすぐに焦げるほど。

ほんの一瞬で完成するイメージ。

 

 

IH対応の鉄のフライパンで、自作生地の「ピザ」を焼いてみました。油を使わず普通に焼けます。

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2021/09/21 23:11:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

オーブンを使ってピザを焼いてみるテスト。期待していたオーブンは、思っていたより火が入らない。

 

「タルトフランベ」の生地のレシピ。

自作した「タルトフランベ生地」で。

鉄のフライパンを使って焼いたピザは、数回の試作済み。

 

 

具材も数種類試して。

間違いなく美味しい。

 

今度は、フライパンではなく。

最近買った期待のオーブン。

オーブンを使ってピザを焼いてみるテスト。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥46,893 (2021/09/22 01:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

オーブンでは、想像以上に焼けない。

 

とりあえず、オーブン基本設定の温度は180℃。

まずは、基本の180℃で数分焼いてみた。

 

他の目的、鳥の手羽先を180℃で焼いたあとに。

すぐにピザを入れたので。

オーブン内部の温度は、ほとんど下がっていないはず。

 

ピザの様子、焼ける状態を確認しながら。

少しずつ時間を足していって。

上火、下火、左右回転も。

でも、なかなか焼けない。

 

180℃では、温度が低すぎるのか?

今度は、オーブンを買ってから今まで使ったことがない温度帯。

200℃にして数分。

 

これでもすぐに焦げるとか。

焼き色がつくわけではないということがわかった。

 

結局、今回は。

これ以上の焼くテストは、あきらめた。

結果、香ばしさのない生地のピザが完成、試食。

 

焼けた、トロけたチーズは最高。間違いない。

 

ちぎって試食したので、両方とも食べかけ。

 

 

ベースは、両方ともトマトソース。

右は、白カビの「ブリー」チーズのピザ。

左は、「生ハム」のピザ。

 

ピザ生地のベースには。

市販のホールトマト缶。

トマトソースは。

味と、見た目としても。必須。

 

これらのピザには、ウチの栽培した作物が入っていない試作品。

商売をまったくわかっていなかった数年前。

「職人としていいもの、本物。物を作るだけ」。

以前だったら「確実に却下」。

それから商売へ、考え方もシフト。

 

なお、焼けた生地は、香ばしさ「カリッ」とも、「サクッ」ともしていない。

おまけに「モチモチ感」もない状態だけど。

 

具材と生地のテスト。

コストの問題、試算。

レシピのイメージや実践など。

確実に進んでいる。

 

「【最新版】小さな「パン屋さん」のはじめ方」。買いました。

 

そして、新しい本。

「【最新版】小さな「パン屋さん」のはじめ方」を購入。

入手しました。

 

 

チラッと中身をみると。

紹介されているパン屋さんは、「小さなパン屋さん」。

「小さな」という規模ではない、と感じけど。

 

とはいえ「先例がある」ということ。

実例は、大変参考になる。

 

created by Rinker
¥1,760 (2021/09/22 07:20:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

現段階で、商売としてピザを焼く場合。

道具は「電気式のオーブン」ではなくて。

「鉄のフライパン」が正解。

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2021/09/21 23:11:34時点 Amazon調べ-詳細)

広告