2020年の狩猟解禁日。くくりわなを2カ所、仕掛けてきました。ここのルートを通るのは、小さい個体のはず。

広告



2020年の狩猟解禁日。くくりわなを2個、仕掛けてきました。

 

「現実的な問題と狩猟のワクワク感」が交錯する解禁日。

 

解禁日の数時間後なのに。

捕獲情報も耳にしながら。

 

 

美味しそうな。

でも、食べていいのかわからないキノコ。

 

 

2020年11月15日。狩猟が解禁しました。

 

「2020年の狩猟」が、解禁になりました。

狩猟の解禁日を迎えると。

複雑な心境。

 

個人的に狩猟とは。

「畑、作物を守るための農作業の一部」一環で。

地域の草刈り作業と同等の、「ボランティア活動」。

 

狩猟とは、趣味の範疇。でも、趣味とはいっても遊び感覚ではできない。

 

事実、税金等のお金がかかるし。

ワナの見回り。

捕獲した後の処理。

かなりの時間や手間がかかる。

金銭的にはマイナス。

だから狩猟は、ボランティア活動。

 

その一方で。

動物がどう行動して。

人間が、それを狙って捕獲する楽しさ、趣味。

 

現実的な問題と。

狩猟のワクワク感が交錯する初日。

 

くくりわなを2カ所、仕掛けました。

 

くくりわなは、獲物がかかると。

ワイヤーや、金具が変形するので。

安全を考えて、部品の補修、交換が必要。

ある意味、使い捨て。

 

2年前に買った4丁のくくりわな。

だから、そのうちの二丁。

2個は、動物を捕獲したことによって使えない。

 

昨シーズンは狩猟をやっておらず。

そして、新たにワナの購入や、自作もしていないので。

今シーズン使えるワナは、2つ。

 

このルートを通るのは、小さい個体のはず。

 

狩猟解禁の数日前から、畑や付近の山。

イノシシの気配、痕跡を確認。

やはり、イノシシ、獲物がいる。

 

捕獲、止め刺し、運搬。

トータル的な観点での条件を考慮。

 

とりあえず狩猟の解禁日に。

これが自分が持っている全ての道具。

使えるアイテムの「くくりわな」2個を設置しました。

 

本当は、このあたりには。

大きい個体がいるのだけど。

 

だから。

さまざまな条件を配慮。

遠慮、配慮をして、小さい個体を狙う。

 

それぞれ別の場所で。

同じ個体の小さいイノシシ。

右から左に歩いていると予想。

 

 

 

ここでは、この小さい個体を狙って。

ピンポイントで2カ所に。

くくりわなを仕掛けました。

 

広告