ジャンボヒマワリの栽培。タネが少し採れたのだけど、この品種はウチでは扱いにくい。

広告



ジャンボヒマワリ、この品種はウチでは扱いにくい。

 

タネを採って、搾油をしようかと計画していたのだけど。

 

 

ジャンボヒマワリ。

大きいので、他のヒマワリよりもタネが多くとれるはず。

タネを採って、搾油や、ペットの餌用に販売をしようかと。

計画をしていたのだけど。

 

ヒマワリも順調に育っています。畑の彩り、飾りと将来的に搾油できないかなと思っての栽培。

しかし、現実は、なかなか難しい。

 

開花時期が短く、タネが充実していない。

 

ジャンボヒマワリの成長。ほんとうにジャンボ。3メートル程度の高さに花が咲く。

成長して、開花。

一応順調に育ったということになる。

 

ただ、品種の特性なのか。

土地の気候によるものなのか?わからないけど。

このジャンボヒマワリは。

周囲で咲いている他の品種のヒマワリよりも。

開花時期が短い。

 

写真を撮っておいたつもりだったけど。

その時期のデータが残っていない失敗。

開花して、まだ暑い時期に花の首が垂れ始めて。

枯れた状態になる。

 

来シーズンは、違う品種のヒマワリの栽培をテストする。

 

タネを採るタイミング。

しばらく様子を見ていたのだけど。

タネがほとんど出来ずに。

枯れ落ちた。

 

急いで、地面に落ちたタネも拾い集めて。

でも、今回残ったタネの中身は。

中身はなく、殻だけのものが多い。

来年使えるタネ。

充実したタネが、ほとんどない。

 

残念ながらウチでは、商品とならない可能性が大きい作物、品種。

「ジャンボヒマワリ」は栽培する意味がない。

観賞用、切り花としても難しい。

来シーズンは、違う品種のヒマワリの栽培をテストする。

広告