赤くならない「グリーンゼブラトマト」。再度試食をすると。実は、かなり美味しいトマトであることが判明。

広告



「グリーンゼブラトマト」。実は、かなり美味しいトマトであることが判明。

 

かなり美味しい。

 

おそらく前回の試食した実は、まだ熟していなかったのだろう。

食べてみたらピーマンの味。

 

 

写真を見返すと、タネもできていないから。

未完熟状態っぽい。

 

 

このグリーンゼブラトマト。

発芽率、植え付けた苗の成功率が低かったので。

その後に期待はしていなかった。

 

でも、残った株は、予想以上に成長。

樹勢が強く、実のつきがいい。

 

実の大きさも。

今まで栽培したトマトの中で大きいほうで。

売りやすそうなサイズ感。

 

問題は、収穫時期と、味。

いつまでたっても赤くならないので。

相変わらず収穫適期の判断ができない。

 

理想的な、トマトの味。

 

実がなってから、しばらく日数が経っていたので。

なんとなく収穫して。

 

どうせピーマンの味。

何か工夫して食べられるようになるのかな?

包丁でカットすると、前とは様子が違う。

 

口にすると。

果肉は甘くて。

タネの部分は少しの酸味。

皮が青い香り。

甘すぎないトマト。

理想的なバランス。

 

久しぶりに当たりの品種を見つけた。

 

商品としては、ヒットというよりも。

増やせれば、ホームランかも。

広告