ニンジンが発芽しています。品種は、紅福冬越五寸人参。この人参は、吸い込み型。そしてかなり美味しい。

広告



紅福冬越五寸人参。ニンジンが発芽しています。

 

このニンジンは、吸い込み型。

 

にんじんは、育てたい野菜の一つ。

 

料理法は多様。

完全に認知されている定番野菜。

買う、食べるお客さんの側としても。

特に難しいことを考えなくていい。

 

栽培する側として、にんじんは。

「鮮度が命」だけではない野菜。

 

「保存がきく野菜」としてのメリット。

収穫サイズに育って、掘り上げたとしても。

土に埋めて保管、保存ができる。

採れてから売る期間、スパンが長い野菜のひとつ。

 

デメリットとしては。

簡単に手に入る定番野菜なので。

安くみられる、思われること。

その一方で、かなり栽培に手間がかかる。

 

商品としては必要だけど。

栽培はしたくない野菜。

 

にんじんは、発芽したら成功ともいわれている。

 

にんじんの発芽には、水分が必要だといわれている。

雨が1ヶ月ほど続いて、最初の晴れの日。

播種の適期、7月の末に。

「タイミングよくタネをまくこと」ができました。

 

タネをまいた日以来、かなり気温が上がって。

その上、雨は降っていない。

数日遅れたらどうなっていたのか。

とはいっても、「ニンジンを発芽させること」。

それだけなら。

とくに難易度は高くないと思う。

問題は、これから。

 

周りに生えてくる「草の勢い」は、だいぶおさまる時期とはいえ。

除草作業とニンジンの間引き作業が待っている。

 

 

1センチほどの発芽したニンジンを成長段階に応じて。

数回、間引いていく作業。

地面に1センチの細かい作物。

この細かい作業、体勢もかなり大変。

 

しゃがんで、地面にある1センチ程度のものをつまむイメージ。

ちょっとやってみて!

こんなの手作業でやること自体、間違ってる。

 

今、文章を書いていて。

いいことを思いついた!

 

魚の骨抜き、とげ抜き。

これを使えば。

手、指でつまむよりもかなり簡単に作業ができるかも!

 

なお、吸い込み型のニンジンは、自分で地面に潜っていくので。

肩が地面から出ない。

耐寒性がある。

 

だから、土寄せをしなくてもいい。

作業の効率化にもなる。

 

そして、このニンジンが。

かなり美味しいのは。

間違いない事実。

広告