ガパオ、ホーリーバジル。数年前に栽培して「こぼれた種」と今年タネをまいた「苗床に残っているもの」は生育順調。

広告



ホーリーバジル、ガパオの栽培。

 

手をかけたものが、うまく育っていないという皮肉な結果。

 

毎年畑には。

数年前に栽培したホーリーバジル、ガパオ。

こぼれたタネが発芽して、顔を出す。

 

 

今シーズンは狙って「栽培」をしようと。

購入したタネを鹿沼土にまいた。

 

かなり高い発芽率。

細かいタネ。

 

はじめに大きくなったものだけ。

数株をポットに移して苗として作り。

畑に植え付けた。

 

数年前に栽培して「こぼれた種」と今年タネをまいた「苗床に残っているもの」は生育順調。

 

畑に植え付けた苗は、あまり大きくならず。

おまけにとう立ち、花が咲いたりしている。

栽培、生育がうまくいっていない。

 

一方で。

勝手に生えてくる株と。

育苗箱に残して放任しているものは普通に育っている。

 

成長のメカニズム、仕組みがわかれば、もっと効率的に、作物が育てられるはず。

 

手間をかけたものがうまく育たずに。

自分が手をかけないものが順調に育つという皮肉。

植え付けたあと、草取り作業もしたのに無駄になった。

 

おそらくこれは、バジルに限らず。

他の植物でも同じような失敗をした経験があるので。

何か栽培に関してミスがある。

 

その成長のメカニズム、仕組みがわかれば。

もっと効率的に、作物が育てられるはず。

 

このホーリーバジル。

まだ、イタリアのバジル、バジリコほど認知されていないけど。

イタリアンバジルとは、まったく違った香りと味。

ガパオライスは、これガパオを使うと本格的。

広告