予想通りの7月上旬。「新夏秋地這キュウリ」が採れ始めました。キュウリはチーズとお友達。

広告



「新夏秋地這キュウリ」が採れ始めました。

 

実がつき始めるのは、予想通り。7月上旬でした。

 

今シーズンから始めた、鹿沼土にタネをまく育苗方式。

鹿沼土にまいた「新夏秋地這キュウリ」のタネは。発芽率が100パーセント。

 

 

品種は、固定種の新夏秋地這キュウリ。

タネの購入先は、野口種苗研究所さん。

 

 

固定種の種はここで買えます。「野口種苗研究所』さん。

 

発芽をしたら。

畑から取ってきた土のポットに鉢上げして。

この状態で定植。

 

 

「新夏秋地這キュウリ」を畑に定植したのはタネをまいてから3週間後。

 

結果、種まきから2ヶ月弱で最初の実がなり始める。

 

 

キュウリの害虫、ウリハムシ。

 

そういえば、キュウリの害虫といえば、ウリハムシ。

畑にキュウリの苗を移植、定植して最初は。

やはりウリハムシがいて、葉っぱをかじっていたのだけど。

いつも通り防除などせず、静観。

ほとんど、まったく被害がなく成長。

 

このタイミングで栽培すれば。

ウリハムシの被害、怖がる必要はなさそうです。

 

キュウリは、自分がかじる。

 

今シーズンの初物は、自分が味見、食べる。

キュウリに塩をして。

チーズ。

キュウリを食べながらチーズをかじる。

口内調理。

 

 

キュウリとチーズは、相性がいいお友達。

 

カツオ節、醤油とも合うということは。

キュウリは、発酵食品と相性がいいのか。

 

そしてやはり。

売っているキュウリと、ウチのキュウリは。

別の食べ物です。

広告