ライ麦をそろそろ収穫したい。手作業の脱穀をフォークを使ってやってみたら、正解でした。畑の全量をフォークでやるわけにはいかない。

広告



ライ麦をそろそろ収穫したい。

 

製粉していない状態なら、ライ麦を商品化、販売ができるかもしれない。

 

本来ならライ麦は、もっと早く収穫するのが適期なのかもしれない。

 

 

これは数週間前に撮った写真。

現在は茎もだいぶ茶色くなった。

もう少しすると倒れる可能性。

 

ライ麦を脱穀する方法が見つからなかったので。

 

麦自体の収穫は、草刈機、刈り払い機でやるとして。

脱穀する機械がない。

 

ライ麦を収穫、採っても。

製品、商品の形にならなければ、時間の無駄。

 

脱穀する方法が、みつからない、決まらなかったので。

その方法を数年間模索。

 

過去、やってみた脱穀作業は。

 

手作業、指での脱穀。

ものすごい時間がかる。

 

ビンや、木づちで叩く方法。

麦が粉々になってダメ。

 

そして、今回試したのは。

食事に使うフォーク。

去年やってみようと思っていて、時間がないことを理由に保留。

 

さっそく、フォークを使って脱穀。

やってみたら、かなりいい。

大正解。

 

 

 

フォークの間に麦を入れたり。

ガリガリやると。

ライ麦、タネが採れる。

 

 

地面に新聞紙を敷いて作業をしていたのだけど。

新聞紙を数枚使っても、はじかれたライ麦。

タネが飛んでいってしまう。

せっかく作業、麦が無駄になる。

 

園芸シートを買ってみた。

 

そこで、100円ショップでコレ。

園芸シートを買ってきた。

 

 

平らなシート状だと。

1メートル、80センチ四方。

 

四隅のボタンを留めると。

83センチ、63センチ、高さ8.5センチのトレイ状になる。

 

 

コレなら、脱穀作業で無駄になる量が減るはず。

 

とはいえ、畑の全量のライ麦。

脱穀をフォークでやるわけにはいかない。

 

とりあえずフォークでの手作業でも。

次シーズン。

今年の冬にまくタネを残す目的としては、確実にまかなえる。

 

そして、味見。

食べるテストや。

 

うまくいけば製粉していない状態なら。

ライ麦を商品化。

販売ができるかもしれない。

広告