サツマイモの栽培始めます!購入苗のベニアズマ。サツマイモの植え付けをしました。

広告



サツマイモの栽培をはじめます!

 

 

植え付けたのは、購入したベニアズマの苗。

 

 

今回は、購入したサツマイモの苗を植えました。

 

種イモを伏せ込んで苗を作らなかったのは。

ビニールハウス、温床を作っていないから。

種イモ自体普通には売っていないし。

サツマイモの「種イモの伏せ込み」は、やったことがないということも理由。

 

今年は「栽培のテスト」ということで許してね。

 

失敗した経験と予算の都合、植え付ける場所の複合的な問題が解決できた。

 

そして、今までサツマイモの栽培をやってこなかったのは。

まだ、農業のシロウトだった数年前。

過去に一度、サツマイモの失敗した経験と。

 

予算の都合、植え付ける場所の問題。

種イモ、苗を買うお金と、獣害の対策。

サツマイモを栽培すれば、イノシシの被害で確実に収穫はできない。

 

このタイミングで栽培することを決めたのは。

獣害の対策、防護柵が作れたことと。

そのほかに借りた農地自体が広くなったので。

栽培できるスペースができた。

 

買ってから植え付けるまで少し時間が経ってしまったけど。

売っている苗を見て、いい苗!

状態が良さそうだ、と感じたから。

 

 

「植物の状態を見極める技術」が数年前よりも少し身についた気がするのと。

今回は、植物としてのサツマイモの特性も勉強した。

 

植え付けるタイミングも、コロナの影響で不幸中の幸い。

農業、作業する時間が増えて。

その中で植え付けるタイミングを狙ってできた。

 

作業の効率化「けずっ太郎」を入手したのも大きい。

除草の作業だけではなく、畝も作れることがわかった。

 

 

お金は、あいかわらず、ないけど。

農業は、先行投資。

 

農作物として「サツマイモは、売れる人気商品」だと思っている。

 

「サツマイモあったら買います」といってくれている人もいて。

数本でも買ってもらえればそれでいい。

だからまず、そのお客さんに向けて商品を作る。

 

サツマイモは、野菜、農作物の中でもみんな(特に女性が)大好き。

料理の素材として幅広く使える。

実は「サツマイモは、売れる!」人気商品だと思っている。

 

そんな作物の栽培を始められたのは。

お客さんに喜んでもらうことだけではなくて。

自分自身「農業で自立する」ことに向けた大きな可能性。

 

うまく育てば、収穫は10月頃かな。

広告