ボルゲーゼトマトの苗。発芽もだいぶそろって苗自体もしっかりしてきました。そろそろポットに移さなくてはいけない。

広告



ボルゲーゼトマト。発芽もだいぶそろって苗自体もしっかりしてきました。

 

加熱用のトマト、ボルゲーゼ。

 

昨年の記事、ボルゲーゼトマト。11日経って発芽しました。

昨年は、発芽まで11日。

 

今年はそれより短い日数。

10日間で、早くも苗をポットに移してもいい状態。

 

今年のボルゲーゼトマトは、昨年の残ったタネを播種。

タネをまいたのは、5月2日。

それから発芽はすでにしていて。

最初に出てくる葉自体が成長。

そろそろ本葉が出てくる。

 

この成長の差は、まいた時期が違うから。

 

昨年、発芽だけで。

今年の苗の状態と同じ日数10日程度かかっているのは。

まいた時期が4月の上旬だったから。

 

普通に生活をしていると。

気温の感覚は。

なんとなく暖かくなったとか。

暑さや、寒さを感じるけど。

 

気温の実際の数値を見比べると。

気温が4月と5月では明らかに変化、差がでる。

 

ビニールハウスなどの施設があればまた別だけど。

資材を使わずに露地で育苗する場合は。

その気温差、種まきのタイミングを見極められるようにならなくてはいけない。

今年ももう数日早く、タネをまいても大丈夫だったはず。

 

勉強中のPython、プログラミング。

これを稼働できる時間がとれれば。

気象庁の過去数十年の気象データを取得、それを加工してグラフ化まで。もう少しなんだけどできない。

 

紙に残しておく日記よりも、ブログは特に便利。

 

栽培の記録を残しておくというのは。

やはり大事。

紙に残しておく日記よりも、ブログだと特に便利。

ワードで自分の記事を検索できるから。

 

そして、技術を隠したり。

文章を人に読まれたくなかったら。

公開しなければいいだけなので。

 

激辛とうがらしも発芽。

 

やはり同じナス科でも。

トマトよりも。

とうがらし、ナスは発芽に時間が数日よけいにかかる。

 

 

この恐ろしい唐辛子。

「激辛とうがらし」も無事に発芽を始めました。

自家採種の激辛とうがらし。タネをまく。タネをまいただけなのに、刺激が半端ない。

広告