軟化栽培したウドを収穫、食べてみました。ついでに近くに生えているのも味見。

広告



軟化、軟白栽培したウドを収穫、食べてみました。

 

ウドは、美味しい。

 

落ち葉をかけて軟化、軟白栽培。

ウドの根株を植え終えました。畑に穴を掘って上から落ち葉をかける。

白くしたウド。

 

 

こちらは、近くに自生しているウド。

緑色。

 

 

ともに40センチ程度の長さ。

 

 

でも、栽培した白い方が太く。

太い部分は、直径2センチ程度か。

 

栽培したものと、自生しているものを比較すると。

「栽培したものの方が太い」とはいえ。

販売する、食べるにはもう少し太さが欲しい。

 

反省はあるとしても。

でも、まずは味見。

 

この時期の山菜類の中でウドが、ナンバーワン。

 

素材本来の味を確認するため。

シンプルに食べる。

 

栽培した白いウドは、皮をむいて。

生で。

 

 

今まで食べたウドよりは、香りが少ない感じ。

でも、みずみずしくて甘い。

 

自生の緑色のウドは細くて硬いので。

白いウドの皮と一緒に、塩、油で炒める。

 

 

そのままでも、独特の淡い香りがあってとても美味しい。

でも、味噌を合わせると。

うまさが倍増する。

お酒のともに最高。

 

「畑を、おつまみにする」という以前から持っていたイメージ。

新たに、最強の武器、おつまみ。

ウドが、レパートリーに加わった。

ウドの別名、「お酒がススム君」。

 

落ち葉だと、曲がる。

 

栽培方法として、今後のテーマ。

太くする方法を考えるのと、上にかける素材。

 

今回は、落ち葉をかけたのだけど。

落ち葉の中には、単に葉っぱだけではなく。

木の太い枝やその他の要素が混じる。

おそらく上に、硬いものがあるとウドは曲がって生えてくる。

だとしても、さらってきた落ち葉の中で。

軽い葉っぱだけを選別するのは大変な手間。

 

そしてもう一つ、収穫したときに、湿った細かい落ち葉。

汚れがついてくる。

 

やはり、「雨、水分をよけて、被覆には籾殻を使う」のが基本なのかな。

広告