料理本「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」を参考に。ウチの葉ネギを使った発酵させない小麦粉料理を作ってみた。

広告



料理本「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」を参考に。

 

ウチの葉ネギを使った「発酵させない小麦粉料理」を作ってみた。

 

葉ネギの料理法、活用法がないかな?

 

 

そこで思い出したのは。

都内の出店で売っていた料理。

そして確かそれに似た、「粉を使った料理本」を持っていたはず。

 

それがこのウーウェンさんの料理本。

 

 

created by Rinker
¥1,760 (2021/10/19 04:29:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

小麦粉料理は、こねてただ焼くだけでは固くて食べられない。

 

パンをはじめとした小麦粉料理。

小麦粉料理は、こねてただ焼くだけでは固くて食べられない。

だから発酵させる必要がある。

 

でも、この料理本にはそれを必要としない料理法。

テクニック、その秘密が書いてある。

 

それが、「生地に油塗って巻き、ひとひねり。」

 

これをやることにより、ミルフィーユのような多層のパイ状。

薄い層が多層に重なる生地ができるため、食感が柔らかく仕上がる。

 

「発酵させない小麦粉料理」を作ってみた。

 

そんなミルフィーユのような多層のパイ状を目指して。

小麦粉と塩、油で作ったターピン。

 

 

ウチの葉ネギ、青ネギを入れたツォンホアピン。

 

 

生地作りから焼くまで。

作り始めてから口にする、試食する時間。

おそらく20分程度。

 

今回はボウルに小麦粉と、数回に分けて入れたぬるま湯。

菜箸でグルグル混ぜるだけ。

 

 

そのあと。

台で伸ばして塩と油を塗って。

 

麺棒がないので、手と菜箸で伸ばした生地。

理想のミルフィーユのような多層のパイ状には上手くいかなかったけど。

普通に食べる食事としては、充分満足の出来。

固くもなく美味しい。

 

ただ個人的なテーマ、イメージとしては。

塩加減と、理想の「多層の生地」を完成させる。

そして葉ネギをもっと生かすには。

何度か繰り返して作る必要はある。

まだまだの出来。

 

なお、粉物の料理。

練ったり包んだりする工程なら危なくない。

小さい子供と作れば。

一緒に楽しめる。

 

ぜひこの本を参考に。

 

created by Rinker
¥1,760 (2021/10/19 04:29:03時点 Amazon調べ-詳細)

広告