さっそくウドの根株を植え終えました。畑に穴を掘って上から落ち葉をかける。

広告



ウドの根株を植え終えました。

 

ウドの無加温の軟化栽培。

 

このウドの栽培方法としては。

無加温で軟化、軟白栽培。

 

 

もらった資料を読む限り。

 

 

今回試してみる栽培方法。

やり方は書いていないのだけど。

 

今回は、根株の養成ではなく。

軟化させて収穫を目的とする栽培。

そして、この栽培をやることによっての相乗効果、有機的。複合的なメリット。

 

畑に穴を掘って、上から落ち葉をかける。

 

栽培、収穫までが失敗したとしても。

「可愛がってくださいね。」と、せっかく譲ってもらったウドの根株。

生育状況が確認できる程度の経験は得ておきたい。

 

トラクターで耕起した後。

軟化した株が。

60センチ程度伸びたところで収穫できるように。

畑に穴を掘る。

 

 

四角く掘った穴。

四方の一片には、遮光目的。

畑に落ちていたトタンを立てかけた。

 

トタンを使った理由は、遮光目的だけではなく。

邪魔だった。

そして、これがあれば、何か栽培しているというアピール。

栽培箇所の目印にもなる。

 

掘った穴に、これらウドの根株を置いて。

 

 

根がかぶる程度の土をかけた。

芽の部分には、わざと土はかけない。

 

自然のウドはすでに芽が地上に出ているので。

土は、根っこだけにかけておけばいいのかなと。

 

ただし、芽はまだ霜にあたるとやられる可能性。

保温目的。

そして、軟化、軟白させる栽培のために。

上から落ち葉。

 

 

これで様子見。

5月に落ち葉の中から芽を出したら。

ひとつ成功。

 

ウドの酢みそ和え。

広告