「統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】」読み終わりました。今度の店長は無茶振りしますね。

広告



「統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】」読み終わりました。

 

今回のシリーズは、アイスクリーム屋さんが舞台。

 

「統計学がわかる」このシリーズの本。

統計学の初学者なので。

まずは、先にこちらを読みおえて。

「統計学がわかる」本を入手しました。この本なら、数学の苦手な私でも、むりなく学べそうです。

 

 

created by Rinker
¥1,848 (2020/07/14 08:20:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

今度は、ハンバーガー屋さんから、アイスクリーム屋さんに舞台が移りました。

 

 

created by Rinker
¥1,848 (2020/07/14 00:49:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

前回は、目に見える相手、物との比較による分析。

今回は、感覚的な分析。

 

今回のアイスクリーム屋の店長さんは。

アイちゃんに無茶振り。

 

 

直感的にわかりそうなことでも数値、統計分析によって確認できる。

 

飲食店でのアルバイト、実体験、経験、感覚として。

 

曜日、祝日、気温、天気。

これらの要因が、お客さん、人の動きに。

日々の集客、売り上げとしてお店に影響を及ぼしているのは確実。

 

この感覚、直感的にわかりそうなことでも。

統計分析によって、数値で確認できることにより。

集客、売り上げ予測や、食品のロス、人員の確保など。

データ分析の実践によって、できることが広がりそうですね。

 

エクセルを使った説明をPythonに置き換えて身につける。

 

今回の本、【回帰分析・因子分析編】は。

複雑な計算が必要になってくる。

そこで、表計算ソフトのエクセルを使えば。

複雑な計算が簡単に、自動で行えるのだけど。

 

エクセルの使い方、説明が多い点はマイナス。

本の読みにくさ感じた。

 

ただ、今後エクセルで説明されていた計算。

統計学を学ぶことにした本来、そもそもの目的。

Pythonに置き換えて使えるように。

 

そして、これら2冊の本「統計学がわかる」のシリーズ。

内容をきちんと頭に入れて実践するためには。

何度か読み直す必要はありそうですが。

 

いずれにしても、実践ですね。

広告