イベントなどでの食品営業、販売について。管轄の水戸保健所に確認に行きました。

広告



イベントなどでの食品営業、販売。

 

管轄の水戸保健所に確認に行く。

 

季節営業?についての話を聞くことが。

保健所に来た今回の目的。

 

オーガニックの野菜や陶器、アクセサリーの販売、直売所で。

飲食物の提供ができないか?

 

 

季節食品営業とは、イベント、屋台のイメージ、の飲食営業形態。

 

保健所での話によると。

季節営業でも、飲食、喫茶、惣菜弁当の3種類。

 

飲食には、喫茶が含まれる。

惣菜弁当に関しては、今回やろうとしていることはイメージとは違うので。

詳細は聞いていない。

 

オーガニックの野菜や陶器、アクセサリーの販売、直売所。

 

近所の、自然栽培農家さんの敷地。

倉庫で始まった、オーガニックの野菜や陶器、アクセサリーの販売、直売所。

ここで、例えば、ドリンクの提供ができないか?

 

飲食物の販売ができれば、集客、運営費。

利益を出せる可能性が広がると同時に。

活気という面でも大きなメリット。

 

水道設備のない倉庫での飲食営業でも、許可がでました。

 

今回は、季節営業の許可申請の話。

結果的には、食品営業許可申請書。

 

 

これを提出すれば、その翌日から営業ができます。

 

飲食の申請は。

その場で、食品を切ったりする下調理をしないものであれば。

焼きそば、たこ焼き、焼き鳥、かき氷。

その場で、焼く、煮たりするする調理なら可能。

なんとお酒も提供できる!

 

食材の下調理に関しては。

許可された食品加工所、施設でないとできない。

 

でも、確か農家なら、カット野菜の販売は、問題ない。

だから、売り物の自家製カット野菜なら。

食材の下処理の範疇ではないはず。

 

喫茶の申請は。

ソフトドリンク、飲み物のみ。

 

それぞれ、3ヶ月間の営業。

飲食は、8,200円。

喫茶が、4,900円。

 

この金額の差なら、飲食の季節営業を選ぶ。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。