マメトラ社のハンマーナイフモア 。ネットで、パーツリストを入手する。

広告



マメトラ社のハンマーナイフモアの異音。

 

 

草刈機のハンマーナイフモア。

今年最大のお買い物。

念願のハンマーナイフモアを購入しました!

そして、今年最後の草刈りに出かけようと。

ハンマーナイフモアにガソリンを入れ。

車庫から発進。

すると、直後に異音が!

 

音のする箇所。

パッと見で異変を発見。

前輪の車輪を止めるバーが歪んでいる。

 

前輪を留めるボルトがない。外れている。

 

停止して、エンジンを止める。

おかしい箇所を確認するとボルトがない!

 

 

機械を最後に使って、しまったときには。

使い終わってから、掃除もしたのだけど。

目視でも。

そして、作業機械の運転音は、予想以上に大きい。

作業後はかなり耳に残る。

だからといって、これを見逃すとは。

 

機械の修理としては、ただボルトが外れただけ。

新しいのを入手して、止めればいい。

でも、ボルトのサイズをどうやって判断するか?が問題。

 

メーカー、マメトラ社のサイトからパーツリストがダウンロードできます。

 

知り合いの方から。

似たようなサイズのボルトをもらい、あててみると。

残念ながら合わない。

 

機械屋さんへ相談すれば?とのメッセージも。

 

でもこんなのは、同じ形状の逆のボルトを外して。

ホームセンターで探せば簡単。

そう思いボルトをレンチ、スパナで回す。

取れない!

 

潤滑剤をかけて。

レンチをかけてハンマーで叩いてもみたけど、ナメそう。

 

ズレている穴の位置は10センチほど。

穴の位置を合わせるには。

機械の後部を持ち上げる必要がある。

 

だから、真っすぐな状態ではないボルトを無理に外すのは危ない。

付いているボルトを切ってしまうおそれ。

物を置いて高さを合わせてやってもみたけど。

やめた。

 

怪我の功名。ネットの時代ってすごいね。

 

ネットで探せば何かヒントがあるのでは?

とりあえずメーカー、マメトラ社のサイトへ。

電話という手段もあるけど。

今日は12月29日。

肉の日で日曜日。

だから、やってない。

 

でも、メーカーのサイトからパーツリストがダウンロードできる。

 

結果、この部分の修理に必要な部品は、「M12 70L」。

「L」は、「ミリ」ってことかな。

おそらく汎用品。

それと平とスプリングワッシャーがそれぞれ。

自分で直せる。

 

パーツリストが見られるとわかったのは、この軽いトラブルおかげ。

 

パーツリストをみれば。

今後の、メンテナンス箇所がなんとなくわかる。

機械の重大トラブルの予防。

「怪我の功名」っていうやつですね。

広告