大根の葉っぱを粉砕して、乾燥させてできたもの。

広告



大根の葉っぱを粉砕、乾燥させたらどうなるのか?の結果報告。

 

大根の葉っぱを粉砕して、乾燥させてできたものは美味しくなってた。

 

今回の目的、最終的な狙いはコレ。

野菜の残りで、ビニールポットの代わり。代用品を作れないかな。

自然栽培、環境配慮型の農業の一環。

 

とりあえず葉っぱを粉砕。

 

 

乾燥させたらどうなるのか?の結果報告。

 

 

乾燥させて、できたもの。

 

ウチの食品乾燥機では、高さが足りず。

育苗ポット状、立体的に成型するのは不可能。

だから、シリコンの型に入れて乾燥。

 

ネコの顔は、うまくいかず。

 

 

なぜか足跡は、成功。

 

 

薄いシリコンのシートで乾燥させたものは。

反りがでて、粘度もないのでボロボロ。

お皿で乾燥させたものも使い道はなさそう。

 

 

 

乾燥前と乾燥後の写真を見比べてわかったこと。

 

ネコの顔は型が薄く、手は厚みがある。

シリコンシートやお皿も厚みが足りない。

 

この大根の葉っぱの乾燥に関しては。

単純に水分が蒸発して上下の縮尺をする、薄くなる。

厚みのあるものがうまくいく。

 

乾燥野菜の発展系、柿の乾燥、試作は大失敗でした。

柿の場合は、横方向も縮んだ。

柿に比べて繊維質の大根の乾燥は、成型が簡単。

単純なのかもしれない。

 

ただ、ウチの食品乾燥機でできるのは、平らなものだけ。

オーブンと型があれば、立体的な形に成型ができるかもしれない。

 

甘みがあって美味しくなってる。

 

食用には不向きだと思っていた乾燥させた大根の葉っぱの味。

だから、自然に返す農作業の道具に、と思ったこのテスト。

 

乾燥前のミキサーにかけたジュース、スムージーの状態は。

青汁のような、青臭さや苦さ。

嫌なところが強調されて、美味しくない。

 

そして、乾燥させてできたパリパリのものを食べてみると。

甘みがあって美味しく変化。

工夫次第で、まだ食用としても使い道、望みはある。

海苔の代わりの野菜シート。

野菜寿司。

広告



1 個のコメント

  • 懐かしの「うちのタマ知りませんか」の足跡や!