収穫した作物を食べやすい状態に作り変えるテスト。もちろん味も、見た目もより良く面白くする。

広告



収穫した作物を食べやすい状態に作り変えるテスト。

もちろん味も、見た目もより良くて、面白くする。

 

乾燥させた柿、ドライパーシモンの発展系。

 

乾燥させた野菜、作物の試作、製品化。

野菜は、乾燥させたものができたとしても。

面白みがなく、見た目も地味。

 

 

調理する手間が短縮できる点は、良い面。

乾燥させると味は凝縮、栄養価がアップするとはいわれていても。

真偽はどうなのか?

縮んだ野菜の見た目の地味さが、完全にカバーできないマイナス面。

 

そんな中、柿。

 

 

柿を乾燥させたドライフルーツを試作。

 

 

野菜ではなく、果物ですが。

これがヒット。

ホームラン?

柿でドライフルーツを作ってみたら、ものすごいものが出来た!

食感も、味もこれはいける。

 

そしてその後に、もっといいもの。

発展系を思いつく。

その試作。

 

小鳥の「ピッチー」とこぐま。

 

別の目的。

作物を売るための販売アイテムや。

ウチの中を整理するための商品を探しに100円ショップで。

ウロウロしている自分。

以前のイメージとは違って100円でいい商品が。

コレで100円?と思うものがたくさんある。

 

そこで見つけたコレ。

 

 

ソーラー電池でユラユラ動く。

見ていたら欲しくなった。

小鳥の「ピッチー」とこぐま。

 

コレらはウチに。

もしくは、どこかのイベント。

 

お客さんを迎えるためのシーサー。

守り神、門番としての役割。

 

シリコンの型にピューレ状にした柿を流し込んで乾燥させるテスト。

 

シリコンでできた「型」を見て。

ピンときた!

 

 

シリコンの型にピューレ状にした柿を流し込んで乾燥させるテスト。

平らなシートではなくて立体的で成形。

 

 

見た目、味や食感、食べる手間と保存期間。

すべて、もともとの柿の状態、柿よりも上回る、

乾燥させて、形を変えても食べやすく。

味も良くなり保存も効く作物、またはフルーツ。

他に何があるかな?

 

食感、見た目と味のギャップ。

 

「食感、見た目と味のギャップ」も食の楽しさ。

食の再構築。

 

まずは、乾燥させると地味になる野菜。

新しい形に成形して、新食感な商品に仕上げたい。

 

激辛に見えるけど。

実は、激甘な唐辛子とか。

 

甘くてとても美味しそうな。

でも、激辛ケーキ。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。