自然栽培、農法は知らなくても。栽培した作物が美味しい!と思ってもらえれば成功。

広告



自然栽培、農法に理解がなくても。

栽培した作物が美味しい!と思ってもらえれば成功。

 

こだわりの食べ物を生産する。

 

生産者、自然栽培の当事者としては。

自分の信念をもとに妥協はしない、商品を作るのは当然。

 

そして、目標としていることのひとつ。

食べてもらって、お客さんが喜んでくれれば。

 

ほとんどの人は、作物の農法には興味、理解はない。

 

無農薬栽培、有機栽培、自然栽培の違い。

何度か説明をしても。

理解できている人がほとんどいない。

その中でもウチは、いわゆる無農薬。

タネしか畑に入れてない、無肥料の自然栽培。

 

食べる人には、まず美味しいと思ってもらえればいい。

 

自分としては、育てた作物を食べてくれる人に。

体感として、まずは美味しいと思ってもらえればいい。

こだわりの農法の説明は、後回し。

難しいことを考えて食べ物を口にすると。

食事として、楽しくない、美味しくない。

 

味を体感した後に、栽培方法や履歴に興味を持ってもらえたら。

栽培方法や思想、栽培のこだわりは、後付けでいい。

 

そのうちに、頭ではなく。

舌、身体、感覚が、食べ物の違いを理解するはずです。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。