採った柿に渋柿が混じっていた。渋を抜く方法として、乾燥は効果的らしい。

広告



柿の渋を抜く方法として、乾燥は効果的らしい。

採った柿に、渋柿が混じっていた。

ドライフルーツを作る目的で収穫してきた柿。

形をみると2種類。

種類が違う柿。

ドライフルーツ、柿を乾燥させる目的。

その中で完全に熟したもの。

「熟しすぎた柿」をひとつを試食。

とても甘く、大きさも十分。

いい柿です。

収穫してきたこれらの柿のヘタをとり、皮をむく。

数個に切り分けて、タネを取り除いて。

食品乾燥機に並べる作業。

途中で、切った一つを食べてみると。

「長細い種類の柿」は「渋柿」でした。

渋柿が混入。

渋いものがランダムに混ざると、商品としてはなりたたない。

「食品乾燥機プチマレンギ」で柿を乾燥にかける。

切った後の柿。

見た目では、甘柿と渋柿の違いが見分けられない。

この状態では取り除けない。

ただ「柿の渋タンニンは水溶性」。

「渋、タンニンを抜く」感じさせない方法。

干し柿が、代表的なその一つの方法。

寒風に当てて、水分を抜く。

水分がなければ、渋みが隠れて、甘みが強調される。

寒さ、低温ではないけれど。

食品乾燥機で温度をかけながら「水分を抜く」。

食品乾燥機での乾燥でも、渋を感じない状態。

渋が抜けた柿、ドライフルーツができるはず。

実際、渋柿が混じっている乾燥させた状態の柿をいくつか食べたら。

結果「甘くて、渋も感じない」し。

サツマイモの味にも似ている新感覚。

一般的に馴染みのある果物の柿。

干し柿とはまた違う、より乾燥した状態。

「乾燥した柿」。

「ドライパーシモン」。

偶然ではあるけれど。

「乾燥の工程で渋が抜ける」上に。

味、食感共に、オリジナル。

「面白い商品」ができました。

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥28,019 (2022/12/10 08:34:38時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。