今年は大根、3種類のタネをまきました。

広告



今シーズンの大根栽培。

 

3種類の大根のタネをまきました。

 

大根の栽培は、種のまきどきを間違えなければ、うまくいくはず。

過去の失敗、経験。

体感的に、ここの地域では、8月末にまくことにした。

 

 

1ヶ月程度で、現在こんな感じ。

順調だと思う。

段階的に、タネをまいているので。

遅いところは、生育不良、失敗するかも。

 

今シーズンは3種類の大根のレパートリー。

 

まずは聖護院大根。

この品種は、以前栽培したことがある。

だからうまく育つはず。

確率的に選んだ品種。

丸い大根で、生食よりも煮物用。

味は抜群。

丸いから運ぶ効率が悪いかさばる。

ぶつけるとすぐに割れる、のが欠点。

 

そして初めて栽培する。

燕京赤長大根と。

 

 

3つ目の品種は。

衛青(アオナガ)大根。

 

 

色が単一な冬野菜に、彩りを加えられれば。

 

大根といえば。

白で長細いイメージ。

 

冬野菜は、なんとなく色が単一。

その中に、彩りを加えられれば、と選んだ品種。

見た目だけでなく、もちろん美味しくなくてはいけない。

 

間引き菜を味見したところ。

十分美味しい、間違いない味です。

 

なお、種の購入先は。

固定種の種はここで買えます。「野口種苗研究所』さんです。 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。