読み始めました。「地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門」

広告



地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門。

 

この本「地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門」読み始めました。

 

 

物語、小説形式なので読みやすいですね。

 

この本を読みたかった理由。

よく耳にする「地域の活性化、再生とは」何を意味するのか?

具体的な目的、目標最終的なゴール。

 

田舎、都会に限らず高齢化など。

抱えている問題は、共通していることが多いはず。

その抱えている共通のさまざまな問題を知ることがまず重要。

 

難しい問題を自分が解決しよう、とは思ってはいないし。

地域の活性化という名の下のイベントや。

活性化のために積極的に活動、参加しよう、と考えているわけではなく。

 

自分自身が、自立すること。

できること、やるべきこと、イメージしている目標に向かって。

行動するだけ。

 

ただ、田舎に住んで、人の少なさを体感すると。

ほんの近い将来。

数年後は、かなりヤバイ。

それだけでなんとなく。

そして強い危機感を感じてはいる。

 

自分の行動が結果的に。

地域のためになるのであれば必ず、相乗効果。

少しは地域のために貢献が、できるはず。

 

created by Rinker
¥1,705 (2020/10/31 07:21:40時点 Amazon調べ-詳細)

広告