急速冷凍機という機械。70万位であるらしい。

広告



70万円程度する機械。急速冷凍機というものがあるらしい。

 

自家栽培の作物、野菜冷凍販売の届け出は済んでいる。

 

保健所への作物加工販売の届け出。

一つは、乾燥。

もう一つが冷凍。

 

いずれも採れた作物。

食品を無駄にしない中長期保存販売目的。

 

乾燥はとりあえずは、家庭用の食品乾燥機で。

こちらの乾燥野菜に関しては、テスト中。

 

冷凍は、ストッカーを使うつもりでの保健所への届け出。

先日、加工に関して相談に行った、茨城県農産加工指導センター。

 

茨城県農産加工指導センターに行ってきました。食品を消毒することへのジレンマ。

 

そこで冷凍に関しての相談をすると。

急速冷凍機という機械があることを教えてもらう。

その機械は農産加工指導センターにもあって。

急速冷凍すると、解凍した時の食材の食感がまるで違うとのこと。

 

でも、ここに野菜を持ち込んで冷凍したものは、販売はできません。

あくまで農産加工指導センターは、最初の製品化に向けた相談、テストの機関。

 

勝手に急速冷凍機の広告が表示される。

 

急速冷凍機、機械の導入は予算的に無理だろう、と。

冷凍機に関してはまだ、ネットでの検索すらしていない。

そのまま、冷凍野菜シリーズは、後回ししていると。

これが現代のインターネットのすごさ。

 

たぶん冷凍野菜のアイディアをこのブログに書いた。

それも一度だけなのに。

 

急速冷凍機および、その導入ビジネスについて。

SNSに広告が表示される。

 

その広告を見ると。

自分で急速冷凍機を買わなくても。

依頼して冷凍してもらうなど。

その他、製品に向けての方法があるらしい。

 

ただ、またもう一つの問題は。

急速冷凍機を使うことによって保健所の判断。

届け出制ではない許可制へ。

また違うことになるのかもしれない。

もしくは、品質保持目的でOKという判断になるのか。

これも、再度確認は必要になる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。