赤くなったボルゲーゼトマトを試食。加熱用トマトの品種ということだけど、味としては残念ながら期待以下。

広告



加熱用トマト。ボルゲーゼトマトの自然栽培。

 

ボルゲーゼトマトが赤くなり始めました。

 

ボルゲーゼトマト。実がなり始めました。

これから約1ヶ月。

 

やっと赤く色づき始めた。

でも、赤というよりオレンジに近い色。

 

 

虫にかじられていたり、割れていたり。

見た目も良くない。

だから、まだ商品としては使えない状態。

 

楽しみにしていたこのボルゲーゼトマトを、試食。

酸味のある品種であることを期待。

トマトの甘みよりも、酸味が欲しい。

 

期待していたのとは違う味。

 

平均直径2センチほどのこのボルゲーゼトマト。

加熱用ということですが。

まずはそのまま食べてみる。

 

 

甘みも酸味も少なくはっきりしない味。

やはり、加熱用、火を通せば美味しくなるのか!

軽く焼いてみた。

 

 

水分が飛んで、多少甘みは増した気はする。

でも、これでもダメ、中途半端。

加熱用とは、煮崩してソース用として使うということなのかな?

 

トマトは冷凍するとリコピンが増えるらしい。

 

トマトを冷凍すると。

リコピンが増えるらしい。

 

昨年採ったマイクロトマト。

少しだけ冷凍してあるそのトマトを食べてみると。

味が確かに凝縮、ドライにしたような感じ。

生、フレッシュな状態ではない別の美味しさ。

確かに味が濃くなる、実感。

 

冷凍させた野菜の販売は、いいのかな?

 

野菜を冷凍させたものを商品にできれば。

収穫から、販売、食べるまでの美味しさの期間の延長。

時間が確保できる。

 

本当は、採れたてを食べてもらうのが一番いいのだろうけど。

現在その仕組みを作る、使う時間がない。

 

収穫したものをストック。

時間ができたら商品を作る。

採れたてを売らない作戦に切り替えようとも思っている。

採った商品が長期的に保存ができれば、ウチも助かる。

 

そして、冷凍した野菜、この方が、美味しくて。

食べる側の人にとっては、利便性があるとすれば。

お互いにwin-win。

 

冷凍野菜の販売は問題がないか?

保健所に確認をとる必要はある。

広告



1 個のコメント

  • 今は季節ではないが、おでんにトマトを入れる人が多数居る事に、近年気がついた!