マキタの草刈り機。アクセルワイヤー、スロットルの不具合、原因解消。

広告



マキタの刈り払い機の不具合を、修理してもらいました。

マキタ製の刈り払い機の不具合。

アクセルがきかない。

そこで、草刈り機のアクセルの調子が悪いので。

スロットルワイヤーの調整をやってみました。

これでもダメなので。

部品の「アクセルワイヤー」を交換することに。

ネットで調べても部品が出てこない。

メーカーのマキタの営業所に電話をすると。

「部品は、お近くのホームセンターさんで注文、購入できます。そして、そこまでワイヤーが伸びることもない。」とのこと。

とりあえず、部品を見比べたい。

ホームセンター「コメリ」さんで注文、購入。

思っていたよりも部品は安い。

注文してから1週間程度で納品。

そして、これが問題のアクセル、スロットルワイヤー。

「取り外した部品」と「新品のアクセルワイヤー」を見比べても。

伸びも異常もない。

自分では、なおせない可能性。修理をお願いする。

自分では無理そうなので。

部品の交換、機械を修理してもらいました。

車屋さんもやっている、お友達。

見守ってくれている、お世話になっている人にお願いしました。

車や、機械を扱っているだけあって。

初見でも、状況を確認しながら解決できる。

さすがです。

草刈機のアクセルがきかない原因。

この写真はすでに、異常な状態。

ワイヤーのカバーが本来は、プラスチックの部分の下。

ゴムのグリップ部分で止まっていなければいけない。

作業や運搬時など。

右のゴム、グリップ部分に力を入れて、おそらく、数時間使っているうちに。

ねじれや、何かの拍子に、徐々に?

本来止まっていなければならない箇所から。

ワイヤーのカバーが飛び出している。

修理をしてもらった刈り払い機で、試運転。

機械の試運転、草を刈る。

今までの調子の悪かった状態とは違い。

「フルパワーの草刈り機」は作業が快適ではかどる。

調子にのって草刈り。

せっかく育ったトマトの苗。

そしてやはり、エンジン式は、充電式とは、パワーが違います。

購入、使用してから。

4年ほどが経過。

分解修理をします。

created by Rinker
日本特殊陶業(NGK)
¥648 (2022/12/06 03:50:42時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。